« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

練習(文字いれ)

今日は久しぶりにいいお天気Cocolog_oekaki_2011_06_29_21_05 。洗濯日和になりました。
アクアビューティー、50分、温泉spa40分、心heart02も体もリフレッシュshine
車から降りて自宅に向かう途中に綺麗shineな白い花が咲いている。
夏椿 別名シャラノキ(娑羅樹)

Photo Photo_2 Natutubaki Photo_3

「まなざしに言葉のありて夏椿」 窪田米子
失いしものの憧れ!かな?( ´艸`)プププ

2011年6月28日 (火)

俳句(紫陽花)2

rainしとしとと雨Cocolog_oekaki_2011_06_28_16_30 、ちょっぴりむし暑い┐(´-`)┌
縦書き文字入れ挑戦!できましたCocolog_oekaki_2011_06_28_16_34Cocolog_oekaki_2011_06_28_16_34
11_628002_r 11_628004_r
11_628005_r_2 

2011年6月27日 (月)

俳句 (紫陽花の)

今日も雨、お茶が終わり、30分ほど先生と傘をさしながら、お散歩。どちらの庭先にも雨を楽しんでいるように、紫陽花が咲き誇っています。紫陽花の俳句を楽しんでみました。

11_628000_r Photo

11_628001_r 11_628003_r

必ずクリックしてみて下さいね。 嬉しくなりました。(・∀・)ニヤニヤ

百合の花

今、庭に百合の花が咲き始め、お茶の時の話題になっている。
去年、2家族4人で那須塩原町の百合パークに帰り道寄ったが、生憎盛りを過ぎていた。リフトに乗ると結構な料金だったので、乗ったつもりで、百合の花を買ってくる。忘れていたが、大事に手入れをしてたらしい!見事に匂うように咲いている。
11_626004_r 11_626002_r 11_626001_r 11_626000_r

2011年6月24日 (金)

写真に文字を入れ方2

先日写真に文字を入れる練習をしたのですが、クリックすると写真が大きくなって、驚きました。Σ( ゜Д゜)ハッ!もう一度試みてみたくなりました。

E0117945_1614931

Photo 練習1と2クリックして下さいね。  とても綺麗な紫陽花でーす。(o^-^o)

ふすまの画像をクリックすると動きまーす。(練習1) 不思議です。

2011年6月23日 (木)

ウインブルドンセンターコートで2回戦

昨日、過去5回も優勝している、元世界ランキング1位ヴェーナス・ウイリアム(米)と対戦、

Photo Photo_2

あの凄いパワーテニスのヴェーナスと互角の戦いを!!素晴らしかったです。

ましてセンターコート(かってグラフと準決勝を戦って以来のこと)で「チャレンジ」ときざんだラケットを持ち、スピードあるタイミングで打ち返してる伊達さん!

闘争心、集中力を切らすことなく、3時間近い緊迫の試合、ともかく凄かった。!

コートを無心でボールを追う姿に胸が熱くなりました。素晴らしい試合で、勇気と希望、元気をいただきました。本当にありがとう!応援してまーす。

その時の気持ちをクルム伊達公子オフェシャルブログで熱く書いています。若さをいただけるような気がします。

苦戦を強いられた元女王は疲れ切った表情で「すべてのボールがラインぎりぎりに打ち込まれてきた」と伊達の巧みなをほめていたそうです。

すっごいことですよね~。

2011年6月21日 (火)

思いがけず、クルム伊達公子のテニスを

1996年に一度は引退した伊達公子さん。
2001
年にドイツ人のレーシングドライバー、ミハエル・クルム氏と結婚して
本名がクルム伊達公子となりました。
そして2008年に12年ぶりに現役に復帰しています。
その理由が「世界と戦うためではなく、若い選手へ刺激を与えるため」だそうです。
その後いくつかの国内戦で優勝していますから、よほど日本の若手の実力の無さに

危機感を募らせていたのではないでしょうか。
世界ランク57位、40歳という年齢、15年ぶりのウィンブルドン選手権、です。Photo Photo_2

お風呂からで化粧水、クリームをつけて、さあ休もう!と思いテレビをつける。NHKで伊達公子が試合をしている。

なんと(英)、世界一を競うコートのウィンブルドンです。食い入るように見てしまいました。、2セット目はハラハラドキドキ祈りました。なんと相手は地元若手選手オブライエン(15歳) パワーがあります。でも伊達さんは粘り強く丁寧、サービスもコースも、素晴らしく、迫力あるプレー。見ていて小気味いい!! かっこいい~。6-0 7-5で初戦突破!! おめでとうございます。ついにやりましたね。テニスの事などよく知らない私でも、興奮してテレビの前で応援(、笑)心地よかったです。

「2回戦はヴェーナス(31歳 米)ですね」とマイクを向けられると、「自分の出来ることをするだけ」と最高のエクボをみせてくれた。

素晴らしいウインブルドンの風を楽しみながら、力強いチャレンジする姿を見せて下さい。応援してます。Photo_3

2011年6月20日 (月)

スクールパフォーマンス

昨日、孫のバレエのスクールパフォーマンスでした。(震災のため文化センターが使えず)

眠れる森の美女のフロリナ王女のヴァリエーションを踊りました。孫は可愛くスッキリ、チャーミングで音楽的動き  あっという間の出来事でした。1年間でこんなに上達するなんて!ほんとに驚きです。孫からパワーをもらっています。有名なサラ・ラムのフロリナ王女の動画です。Kanonn 11_621000_r 11_621002_r

家で、孫の踊りの録画を鑑賞しながら、食事をいただきました。パパの日と重なり、お酒も多めのようで、お爺ちゃんとパパ、ママ盛り上がっていました。私は習ったはずのフォトショップの本とかくとうしています。(笑)

写真に説明文の練習

Photo 1

Photo_4

2011年6月19日 (日)

震災から100日

あれから100日、岩手、宮城、福島、各県の自治体で、犠牲者の追悼と復興への思いを込め慰霊祭が開かれているのを、テレビでみる。「希望を持ち・・・人生を切り開く」 と祭壇にけなげに誓っている。この子供たちの将来を考えると胸が潰れそうになる。

一方では、海江田万里経済産業相が、「安全を確認済みにつき運転停止中の原発について再稼働は可能」との見解を示した。反応は不透明と思いきや地方知事などから猛反発!

また首相の「いつ辞めるか云わぬ」という対自民党の「特例公債法案カード」のせめぎ合いで震災復興のための二次補正予算などの多くの重要案件も審議する国会、会期の延長さえ不透明,   玄葉戦略相辞意覚悟で・・・岡田さんも?・・・。

地震、津波の被害はない我が家ですが、地震が起きる度に、あの恐怖を体が覚えていて強く反応、放射能に怯える日々。

少しでも早く、被災者の立場になって、動いていただきたいものです。100日過ぎても、ただ被災地の困難な日々だけが、積み重なっていくように見えてしまうんですが。

Photo スピードある正義の政治家、空からでも舞い降りて来てくれませんかね~。(笑)

今ほど国の力が必要なのです。「直ちに影響はない」なんて言ってないで!

2011年6月14日 (火)

初風炉

6月のお茶のお稽古は初風炉(はつふろ)です。お茶の世界では、1年を11月の立冬から4月まで炉、5月の立夏からはじまる季節を風炉と申します。襖を開けて運び点前を教えていただきました。

Photo_2 Photo_3

茶碗を運び出す

1、茶道口敷居から27cmほど開けて坐り、水指を建付けに置き、襖を開け、両手を揃えて一礼(のおじぎ)

2、水指に手のひらがぴたっと付くように持ち、状態を起こしながら、水指を持ち上げ、右膝から立ち上がり、敷居を右足で越す。

3、中央を進み、道具畳に入る右足から水指を置く方へ少し寄りながら、定座に座り、畳中央(膝から約24センチのところ)に置く。

4、さがる時は、左膝から立ち上がり、敷合わせを左でこして水屋にさがる。

5、次に右手に棗、左手に茶碗を同時に持ち、右足から席に入る。

6、水指の正面に進んで坐り、同時に棗と茶碗を置き合わす。

7、水屋に下がって仕組んだ建水を左手に持ち、(親指を茶碗の下方に入れ柄杓を親指と人差し指にはさむようする)右足で席に入り、茶道口を閉める。右足で道具畳に踏み込み、足を揃えて居前に向き、炉縁の左内隅をねらって坐り建水を手なりに置く。

8、左手で柄杓の節の下をつまみ節の手前の両側を取り、手の内側に当たるまで持ち上げ、切り止めに右手を添え、左手親指の腹で柄杓の節の下を持ち、右手をのばして構える(鏡柄杓という)右手で建水の中の蓋置を取り、柄杓の内側を通り取り出し、蓋置きを畳のへりより3目ずつのところに置く。

9、柄杓の切り止めを右手中指の第一関節にあて、手なりに横にしながら右手で上から持ち直して合を水平にして蓋置きに斜めに引く。畳と平行にしたところで柄杓の柄を離す。

Photo_4 思うようにいかないけれど、お茶を親しむ時間があることに、まず感謝

  恥をすて、ひとに物とひ 習ふべし、是ぞ上手の基なりける   利休百首より

の気持ちでいきたいものと自分に言い聞かせ・・・・・・一人可笑しくなる(・∀・)ニヤニヤ

2011年6月 7日 (火)

食の安全

我が家では孫と一緒に暮らしている。可愛い孫のために、水をはじめとして、買い物は充分気をつける。目に見えない放射能から孫を守らねばならない。

Photo_2  今日の産経新聞にセシウム除去の調理、加工法が記されている。

  • お肉、お魚は塩水で内部の水だし 野菜類は水洗いとあく抜き
  • 煮物、煮つけ、酢漬け
  • バランスの良い食事      詳しくはセシウムを減らす調理法を見て下さい

2011年6月 6日 (月)

新聞をよんで

先週は不信任案議決で、新聞、テレビは大賑わい。間違いなく可決と・・ふたを開けるとあっと驚く否決。狐と狸の化かし合いは狐の勝ちだったが、「一定のメド」 の言葉でまた波紋

引き際を誤るもとは二つあるような気がする。一つは未練、もう一つはうぬぼれ。未練のために決断しかね、うぬぼれのために最悪の引き際を演じてしまう>▼この指摘が見事に合致するここ数日の菅直人首相の退陣騒動だった。鳩山由紀夫前首相から「ペテン師まがい」とまで罵(ののし)られ、身内の閣僚からも六月退陣論が相次いでは万事休すか▼菅首相が、遅くても今年八月には退陣する意向を固めたらしい。示唆していた「原発の冷温停止をめどに」という来年一月の退陣は断念することになりそうだ▼「(首相は)居座るつもりはない」と今になって周辺は言うが、国会などでの首相の答弁は誰がどう見ても「居座り」だった。国民からも愛想を尽かされている事実を、ようやく受け入れる気になったのだろうか▼未練やうぬぼれは、人間だったら誰だって持っている感情である。すべて否定する必要もない。時に人を大きく奮起させる材料にもなる。しかし、首相の場合、少々度が過ぎていたようだ▼「菅退陣」とパソコンで入力しようとしたら「歓待人」と出てきた。妙な符合に苦笑いしてしまった。東日本大震災の発生から間もなく三カ月になるが、復興は遅々として進んでいない。被災地を無視した茶番劇は、もう終わらせてもらいたい。   新聞より

政治家の話を聞いていると一人ひとりの話はうなずける。が上手すぎて信用に欠ける。政治のことは解らないけど、一刻の猶予も許されぬ原発事故対応や、復興対策が遅れていることは、確かである。、これからも、注意深く政局をみていきたいと思う。

Photo 真っ盛りのやまぼうし

2011年6月 2日 (木)

トラックバックの送り方

1  記事作成画面を開きます。相手方のトラックバックurl入力という欄があることを確認

2   送りたいURLをコピー貼りつける

確認を押したら貼りつけが確認できた

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ