« 花菖蒲 | トップページ | 柄杓の扱い方 »

2011年7月 2日 (土)

半夏生

隣の人から「はんげしょう}」を頂いた。どんな字を?と調べると、今日は半夏生といい、二十四節季を細分化七十二候というのがあるそうです。夏至の次が半夏生、天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日であると、(そして今日から5日間半夏生と呼ぶそうです。)
またその頃に咲く花から名付けられたとも・・・。うどんの日、たわしの日、蛸(たこ)の日でもある。( ´_ゝ`)フーン 面白いものだと感心する。隣の人に感謝!

11_0701000_r 11_0701001_r 11_0701002_r 11_0701003_r

« 花菖蒲 | トップページ | 柄杓の扱い方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はんげしょうsign01初めて見る花です。
おかとらの花よりどしっとした花にお見受けしました。
この暑いのに花たちも頑張ってますよねbud
今から庭に水巻きします。sweat01

kikiさんこんばんは
ドクダミ科なんだそうです。
地味ですが上品な感じがしますよ!
庭のお手入れはkikiさんがしてらっしゃるんですね~。bud
素敵なお庭管理、楽しんでるんですね!notes
私は見る楽しみと、お部屋にお花を飾ることでーす。
おかとらの花?初めて耳にしました。ear

半夏生eyesign04珍しい花ですね。
知りませんでしたよ。
茶花に合うかな~・・・。
床の間「そそ」と生けるのも風流ですね。

  momoさんsign01
何処かで茶花として、みた記憶があります。
家では2本ガラスに涼しげにあしらってみました。
いただいたので(根がついてる)来年が楽しみです。notes

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1399083/40648217

この記事へのトラックバック一覧です: 半夏生:

« 花菖蒲 | トップページ | 柄杓の扱い方 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ