« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月25日 (日)

孫と久しぶりに

mapleらしい爽やかな日、孫と二人予定なし、其々、しなければならぬ作業とやりたいことをする。

飽きたら温泉spaと買い物bagに行く約束をする。Don_onsen_s
デジカメcameraを新しくしたが、使い方がよくわからないので写真を撮る練習をする。文字も編集出来る。ひとつでもわかれば、良しshineとしよう!(笑)

11_0925000_r 11_0925001_r 11_0925002_r

クリックしてみて下さい。お庭に咲いている花tulipです。随分撮ったんですが、とてもとても・・・・。(;´д`)トホホ…でーす(苦笑)

ピアノも練習したが、15分ほどで飽きるε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…右手と左手が同じ調子なら、動くが、どうしても進まないcrying!   「まっ いいかあ┐(´д`)┌ヤレヤレ」で終わる。58156f39gif_2そのうち出来る時がくるかもしれない。その時まで、じっくり寝ながらやり続けよう    

あはははは(/ω\)ハズカシーィ













2011年9月24日 (土)

薪能 西王母

昨日、謡曲仲間と会津能楽堂へ

西王母プログラム

   11_0925003_r

11_0925001_r









 会津の能は334年前、1677年藩主保科正経が能舞台を設置したのが始まり、市民の努力により明治、大正、昭和、今日の能楽会に引き継がれています。本年は25回を迎え会津能楽堂で薪能を・・・。

初めに、とても解りやすいあらすじの紹介があり、舞台の陰から、お調べという囃子の音が聴こえ能がはじまる。薪能ははじめてです。時の経ち方が違うんですね~。作られる空間と演出される時間がほんとに非日常です。ゆったりと時が過ぎるというより、此処だけ止まっている時間に入りこむといった感じなんです。屋内の舞台で見るより、断然 屋外の薪の音とあかりの能は素晴らしい!です。幽玄の世界とはこういうことなんだと、納得しました(笑) 11_0925000_r_2
 掛け声、笛、太鼓(大、小)、鼓、謡 が闇夜に響きわたる。ゆったりと、あるときは逸る旋律、緊迫感を肌で感じます。とても華やかな気分を味わい、夢か現実か一瞬戸惑いもしました。素晴らしい時間です。

会津の人々は生活の中に、皆さんが能(仕舞、笛、鼓、太鼓)を取り入れ、沢山の努力を積み重ねていることがわかり、頭がさがります。機会があったら、いつでも会津能楽堂に、足を運ぼうと思いました。

写真クリックしてみて下さいね!   素晴らしい能を、有難うございます。(◎´∀`)ノ

11_0925002_r


2011年9月20日 (火)

敬老の日に

昨日は敬老の日

孫がショッピングしようと、朝から煩く付きまとう。何を買うのか聞くと「デジカメ」だという。そういえば壊れてから10日位経つ。カメラを持ってみてもらうと、修理するより買った方が安いとweep そういえば孫と一緒だった。家人と3人で根負けして出かける。買い物してる途中でやっと気がつく。家人にはゴルフの手袋、私にはデジカメケース。なんでも65歳以上は敬老だと。毎年感謝の手紙は貰っているのだが・・・・。

11_0919003_r_4夜になってまた、驚く。(実は前日の夜、ママの目の前でなにやらゴソゴソ台所に遅くまでいた。)孫主催の敬老会が催される(笑)美味しいワインなど頂き夕食を食べる。

そして作り置きしてたデザートが出てきる。あれほど時間ををかけたことを知っているので、涙がでてくるほど嬉しかった。旬のブドウでゼリーとムースが2層になりなじみ上品な甘さに仕上がっている。

孫のプレゼントに、よくここまで育ってくれたものだと感謝する。

11_0919002_r_2 11_0919001_r_4  11_0919000_r_3

偶然みたNHK番組  画家 堀文子 93歳の決意

話す言葉、一つひとつがなんと瑞々しい感性、凛とした響くような言葉、思わず身を乗り出して聞き入ってしまう!
「深海魚のように人に知られることなくひっそり生きていきたい」
「常に新鮮な刺激をうけるように生きていきたい」
「死はいつも同居している」

群れない、慣れない、頼らない これがモットーだという。

潔さ、強さが93歳をすぎても、颯爽と生きるバックボーンになっているのかも・・・。

「死ぬまで感動していたい」と言い切る言葉には強く共鳴を覚える。

B0078675_9243933jpg_229歳で結婚、43歳夫と死別・・海外放浪、

70代でイタリア移住、82歳ヒマヤラへ・・幻の花ブルーポピーを探しに、

その後病に倒れ、自由の旅断念 つぎが顕微鏡に夢中

花の画家から極微の宇宙を描く画家へ

なんにも知らなかったけど、敬老の日にこんな凄い人の顔に出会っただけでも、身が

引き締まる思いがする。  心して生きていこう!  エネルギーをいただく。




  




2011年9月17日 (土)

散歩

昨日、久しぶりに散歩する。

変形膝関節炎(足の内側の筋肉がなく、外側にずれた)になってから、散歩をしなくなる。生活に支障はないが、正座するとき、正座から立ち上がる時、違和感を感じる。だけど近頃、腰が痛くなる。整体に行き尋ねると、「身体全体の筋肉がなくなっているから」だという。

孫をPM5時まで、謡曲は6時15分からこの時間は散歩するはずが・・・。涼しいスーパーとかホームセンターとかで時間つぶしている自分。・・いつの間にか  ( 笑)

この辺りは放射能のホットスポットになっている場所です。、阿武隈川の土手沿い県庁の裏に当ります。綺麗に草を刈ってたのに、草は伸び放題、秋の気配を感じます。

11_0917004_rイタドリがあちこちに群生、遠くから見るとえっと思うほど。綺麗です。eye

イヌタデとヒメジョオン、ひっそりと咲き、風と遊んでいます。

名も知らない草花が、此処其処に咲いていますが、この葉に、花に、この土に、セシウムが舞い降りているのだと、ふっと思い出します。
時折、イヌを散歩してる人が私を追い越していきます。歩く速度に驚いています。急ぎ足になりません!
     D0084473_2244426jpg_2


じっくり時間をかけて、少しずつ、歩こうと自分に言い聞かせています。カラスがねぐらに帰る休憩所なのか?3本の木と周りに数えきれないほどのカラスがたむろしてます。長い間散歩してますが、この光景は初めてです。子供なのか?一回り小さいように見えます。其処を通ると一斉に飛び立ち、県庁の方へ、凄っKarasukao02dash そのさまに驚くばかりです。

今、台風が東北に近づく恐れがあると、ニュースで云ってます。これ以上の災害はやめて下さいよ!お願いですから。

                    11_0917003_r





2011年9月12日 (月)

あれから半年

アメリカ同時多発テロから10年、早いものですね~。
まるでアクションを映画を見ているような感覚、 テレビを食い入るように眺めていたのを、覚えています。

そして今日は、東日本大震災から半年・・・・。2011年03月11日  あの日は貴方はどちらにいらっしゃいましたか? 私も、 決して忘れることは、できません!地震の怖かったこと、(家人と一緒でしたが)・・・・。その後、恐ろしい津波の映像、考えもしなかった原発の爆発、そして放射能・・・・・。Kaeru_shock1gif

失って初めてわかる当たり前の生活、故郷を離れ、余儀ない生活を強いられてる人々が、13万5千人とか?
いろんなことを学んだり、考えたり、話し合ったりして、今いる場所で、家族皆で精一杯、頑張っています。放射能という現実は、変わりませんね。

貴方はどんな思いで今日という日を迎えましたか?D0084473_20223084jpg_2

これからも、故郷福島は、これからもずっとずうっーと、放射能の怖さと闘いつづけなければ、なりません。無常の風が吹いています。

Kaze_2gif_2
それでも季節は、ゆく夏と忍び寄る秋と着実に歩を進めています。窓辺では虫の音がささやき合い、夜空を見上げると、月が煌々と冴えわたり  「 秋の月だなあ」なんて思います。Pampas_movgif

2011年9月 9日 (金)

明日も雨?



今日は「白露」 24節気の一つで気温が低くなって草木に露が付き、秋の気配が感じられる頃・・・だという。今も秋の虫コオロギが鳴いている。

今年の日本はどうなってるんだろう?News1_2


私達の東北で、地震、津波、放射能で、不安な日々を送っている最中なのに、
また自然の猛威が襲っている。夏と秋の高気圧に挟まれノロノロ台風12号、湿った空気を巻き込み止まない雨となり、紀伊半島の豪雨を齎した。死者行方不明100人を超えるというのだから、何とも凄ましい。時の経過と共にふえるのではと懸念される。

命を落とされて犠牲者へ哀悼の意を捧げ被害に遭われた方々へ心からお見舞い申し上げます。不意に明日を断たれた人々の悲痛はいかばかりかと・・・・・。

「和歌山はまもなく雨が降り出しそうです。」 Tenki07_ame01

 ニュースが流れています。本当に心配です。

岡村孝子「夢をあきらめないで」   古い曲らしいのですが、・・・・・。

2011年9月 5日 (月)

スキャンの練習

新しいプリンターを買った。早速スキャンの練習をする。漸く辿り着いた。嬉しい!notes

昨日の朝の連続ドラマ<おひさま>で火事で家を失くした樋口可南子の落胆ぶり・・・。

Img_0008_2 
全てが一緒になって、ただ ただ涙がでてくる。 weep  陽子さんが、お母さんを励ます言葉

「こういう思いをしたのですから、絶対にもっと幸せになりましょう! 何倍も幸せになってやりましょう!前よりももっと・・・・。

失ったものだけ、夢に近づくチャンスなのよ!」

太陽のような陽子さんsign01いつも皆を明るくしてる。

まもなく終了するそうだが、若尾文子さん、驚くほどに、背筋がピンとしてる。若若しいsign01

樋口可南子さんのパワー。主人役の俳優さんも人間味が溢れ、魅力を感じる。

こんな家族になりたいものである。(笑)

            Photo_2


2011年9月 4日 (日)

NHKハイビジョン特集(バレエシアター)をみて

ここ2,3日、体がだるいし異様に眠い。夏の疲れが?でたのかなあ。Photo


パソコンの前にも、座りたくなかった。(笑)

やらなくてはならないことだけやり、温泉に入ったり、指圧をしてもらったり、昼寝をしたり、して過ごしている。 昨晩、新聞をみていると、(PM8時頃)NHKハイビジョンで「バレリーナ 百合子 輝きを舞う」  「えっ吉田都さんは知ってるけど知らないなあ」と呟きながら見たい!見よう!と思い、少し調べてみる。NHKハイビジョン バレリーナ 加治屋百合子 クリックして見て下さい。

「バレリーナ 百合子 輝きを舞う」Ico_asagao131

まるで羽を持つように高く、美しく舞う日本人バレリーナ・加治屋百合子、27歳。ニューヨークのアメリカンバレエシアターで華麗に踊る“Yuriko”は、日本人ならではの繊細な表現力と高いジャンプ力で、世界の注目を集め続けてきた。2011年、ついに主役に抜てきされた。初の主役として舞台に立ったのは、7月の東京公演「ドン・キホーテ」。大きな期待と重圧の中、バレエにすべてをかける日々を追った。【語り】野田秀樹

で始まる。吉田都さんもそうですが、日本人のバレエをみると、容姿では欧米人に比べると不利な面もあると、思うのですが、練習により鍛え上げた身体と技術で見事にカバーしてるんですね~。恵まれない環境の中で、人よりどれだけ多くの努力をしているのか!ということが大事。  ジャンプした時の姿が美しい!    刺激をいただきました。

ABT(アメリカンバレエシアター)で活躍する、ソリストダンサー(順主役級)加治屋百合子日本人らしい丁寧な踊り、爽やかで夢があって、可愛くて・・・・

小柄な彼女がおきゃんなキトリを演じ、シムキン君がバジルを・・今注目の若手ダンサーとか24歳の可愛い顔の男の子、お似合いで素晴らしい!とくに夢の場面が夢心地・・・。

空間を大きく見せる、腕と身体の使い方が印象的です。ABTでプリマ(主役級)になるのもそう遠くないでしょう!これから楽しみです。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ