« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月28日 (水)

カーネーションをみて

Photo_2カーネーション、面白いですね!
病院の中のファッションショー

妊婦さんや、長い介護の後の新しい人生を歩みだす杖をついたお婆さん
子供を残して先に亡くなる末期がんの患者さんなど・・・・・。
それぞれの人生の節目に立つ女性がショーのモデル

なかでも、中村優子さん(初めて知る)
女性の象徴のような存在の主役に相応しく見事な演技。涙が溢れて止まらない。
弱っていく母に心を痛め、近づくことを躊躇ってた子供が、ステージに駆け上がって行く姿が印象に残る。
きっとこの体験が綺麗だったお母さんとの幸せな思いでとして、一生残るんだろうなあ。  せつないけど・・・・。

Photo_3さて今日
ある病院で講演をする。

講演を頼まれた看護師が、周防さんの娘と知った時の驚き、離れていてもずっと心配している。娘もずっと父を思い続けてきて下さった事を知る。
周防さんが出るたび胸躍らせ、わくわく、ドキドキして、いた感覚を思いだす。

織部剛(周防)さんが「好いとった」と切れ長の甘い眼差しでいうと、自分に言われたような錯覚を覚えます。(笑)安心感、尊敬、心地よさ、なにより、爽やかさ  いい雰囲気を楽しませていただきました。

Photo_4そして、夏木まり演じる糸子

90歳である。

老いることは、いろんなものが、なくなることかもしれない。
丈夫な体、大切な人とか
言葉をかえれば、「晩年を生きる」とは「アウェーを生きる」ことかも・・・・・。

自分を守ってくれた人たちを亡くし、若さを失くし、町並みさえ様変わり、喪失感で不安と寂しさ、すごく遠くへきてしまった感情である。

年を重ね独りになる。必ずいつか!
「ここで、宝物を抱えて、生きていくんや」という。

また「奇跡」を起こすことだとも言っている。
Photo_5
子供が走りまわっても、普通だが、100歳の人が走り廻ったら「奇跡」だし
余命僅かでも笑って過ごせたら「奇跡」だという。

なるほどと、感心する。

「与うるは、受くるより、幸いなり」

宇宙とか、自然の大きな流れというのは自分中心ではなく、「生かし生かされている」という自他共生の力(流れ)だと思う。
自分ー両親ー祖父母ーという感じで人間の積み重ねで生きているんだ云う事を。
小さな世界が昔の人と未来の人が繋がっていることを

「人と共有できる人生はこんなに幸せになる」

カーネーションからのメッセイジ  確かに伝わってくる。

これからの生活に、是非取り入れたい。

楽しむことは、人生のエッセンス   見習おう!

2012年3月27日 (火)

忘れないうちに

今日習ったことを、忘れないうちに、やってみよう!

だってすぐ、忘れるんだもん!  お恥ずかしいですが・・・・。現実です。  あははははっ

Hukinotou_0257_120321_3Photo_8

陽は明るく、春めいてきた。

だが歩いてみると、風は冷たく、

ほほの温かさを

ひゅーとさらっていく。

そんななか

春の使者、蕗のとうをみつける。

蕗味噌にしょうか?

天ぷらかな?

考えるだけかな?

ふふふふ・・・・・である。

春の息吹は、ワクワク感で、愉しい!

大地まづ 送り出したる 蕗のとう         

 
       鷲巣  ふじ子                    

なんとか、できました。    有難うございます。

2012年3月23日 (金)

今日は孫の卒業式
 
パパ、ママの張りのある声が、部屋中に響いている。
 
緊張感と嬉しさが、こちらまで伝わってくる。
 
両親揃って入学式、卒業式
 
共に喜びをかみしめ
 
いい時を過ごす。
Photo_2

柔らかな日差しが季節の巡りを知らせる。
 
大地が揺れ、波が押し寄せ、放射線が降ってきた。
 
[奪われた、二万人から託された、今日の笑顔で、明日を照らそう」
 
宮城第一高校、山本真理さんの作品です。
 
多くの人が転機を迎える季節
 
どんな環境の時にも
 
明日にむかって
 
ひたむきに
 
歩んで欲しい。
 
孫よ。

彼岸の中日

[春分の日」
 
昼と夜の時間が同じ
 
これから夏至まで少しずつ昼の時間が長くなる。
 
彼岸の中日とは、中日を挟んで3日間の計7日、墓参りをする。
 
両実家の墓参りをする。
 
坂道なのでいい運動にもなる。
 
細い道を上る人下る人の往来が楽しい。
 
南向きの土手にいぬふぐりがほほ笑んでいる。
 
義母義父が、なぜか喜んで迎えてくれたような気がした。
 
面倒みてもらい、可愛がっていただいたなあと、年を重ねる度に思う。
 
Photo
 
  花を供え、感謝を捧げる。ふんわりとしたいい一日だった。

2012年3月19日 (月)

つぶやき

029_suiseiomote1_2
昨日、仲間、久しぶりに4人揃って[楽園」という、ミュージカル

をみる。3階の席なので、なかば、諦めの心境だったが・・・・。

「昔、ハワイで起こった悲しい出来事、   それは、戦争

1941年、日系2世と現地人の女性、人種を越えて惹かれあ

う2人に忍び寄る暗い影」

テンポが速く、わかりやすく、ダンスも、歌も、沁み渡るステー

ジだった。

興奮して、吉田要士さんを探し、握手していただき、帰る。(笑)

Photo_4

今日、、お墓のお掃除をする

朽ちた葉を押しのけて、雑草があちこちに遠慮がちに芽吹いている

太陽がほほ笑んでいるが、風が強く、そして、つ・め・た・い!

だが、梅は微妙な気温の変化で、徐じょに花を咲かせ始めている。

まだまだ、つぼみが多いけど・・・・。

一枝折って、活ける。

人はいさ 心も知らず ふるさとは

           花ぞ 昔の香に匂いける           紀貫之

2012年3月13日 (火)

図形、グラデーションを使って

多角形選択ツールを使い、図形とグラデーションの練習をする

Photo
 やり方はわかったが、あとはセンスの問題かな?                         Photo_3


  先生    いろいろ有難うございます。 

  少しでも出来ると楽しいで~す。happy01



                      

2012年3月11日 (日)

震災から1年

昨夜、NHK震災関連の特別番組をみる。どれも心を揺さぶられる内容になっている。
今日11日は、東日本震災発生から1年
もう1年なのか?まだ1年なのか?自分の心さえよくわからない。

最悪の事故を起こした福島原発
周辺の被災者は遺体を瓦礫の中に放置したまま、避難を余儀なくされた。
喪失感を抱くことさえ許されない絶望の淵を彷徨い今も続いている。
けれど、悲しみを引き受け、苦悩しながら1歩でも前に進もうという人たちがいる。
その姿に逆に励まされている。

福島県は県外に避難した人が6万3千人もいる。そしてこれからも増え続けるだろう!
いったんバラ撒かれた放射性物質は決してなくならないだろう。
除染とは移動することだけだから、
混乱の中、なにをすれば、いいか今でも暗中模索しながら生活してきたと思う。
進まない瓦礫処理、除染、
まだまだ原発事故処理の収束は、果てしなく気の遠くなるような時間がかかるのだろう。
身に沁みてやりきれない。   

だが、家族揃って、元気である。
此処に住むことは、決まった。覚悟する。
自分の出来ることをしながら、前を向いて歩いていきたいと思う。

Seribaorenn写真クリックしてみて下さい

2012年3月 7日 (水)

散歩

春の日差しに誘われ、散歩する。Photo_2








空に風に春を感じながら、坂道を登ると鴨がいる。

相方と暫く眺めといる。

なぜか、鴨は土手に一列に並んでいる。

二羽が泳ぎだした。

行く先をみていると、小さな鴨がかたまって、10羽ほどいる。

南向きの山では、まだらに梅の花が咲いている。

微かに梅の香り、風が運んでくる。        写真クリックしてみて下さい。パノラマ写真我が家

春の気配、ふわり         1_5





 

田んぼのあぜ道を歩く。

土手におおいぬふぐり

どんな夢をみてるのだろう

3月弥生は夢見月

2012年3月 6日 (火)

なごり雪?

Photo_12_edited1
昨夜遅くまで遊んだ。     いまいちだが、楽しい!

雪道、車運転できず、ピアノお休みする。家で練習する。なかなか流れるように弾けない。

「埴生の宿」は必ず何処か1か所間違う。3回弾くと1回だけ上手く行くことがあるが・・・・。

まあ、ゆっくりできるまでやろう!の心境だ。

今習っているのは、「アイーダ・マーチ」半分ぐらい進んでいる。

勝ち誇っている喜びの曲  上手に弾きたいなあ!   (笑)

2012年3月 3日 (土)

ブログを読んで

ある方のブログが好きで、何時も秘かに、見せていただき、楽しんでいる。

写真も素敵で、こんな風にと思っていたが、・・・・。

後1カ月で古希を迎えようとしてた頃、パソコンを習い始めた。その先生がパソコン教室を閉じると。
8年習い続け、喜寿を過ぎていたという。50歳位の方々についていくのは、きつかったとも。
寂しくなるが、これから歩けなくなった時、退屈しないで済む。パソコンが楽しくなるまで学んで良かった!
と語っている。

素晴らしいなあ!感動する。
いつも元気をいただいている。 有難うございます。

Photo_9人間には三つの年齢があると

生活年齢    毎年年を重ねる。

生理年齢    体を鍛えたり健康管理をすること
            で健康状態を保ち、若さも保つ

心理年齢    自分で選択しコントロールできる
            年齢

生理年齢と、心理年齢を心がけ、

[よく生き、よく笑い、よき死と出会うまで」

またユーモアとは

「にもかかわらず」笑うことである。

上智大学のアルフォンス・デーケンさんのお

話です。

Photo_11

飛び出し画像です。            

2012年3月 1日 (木)

復習

今日の授業の復習をしました。

1枚が授業中(お彼岸)   もう1枚は復習をしました作品です。

Photo_8

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ