« | トップページ | 桜  1枠2シーンの練習 »

2012年4月22日 (日)

桜は咲き始めてから満開まで一週間程度しかない

桜の花のトンネルを歩いて見上げると

満開の花が語りかけてくる

いいようにもない感情がわきでてくる

いつか夢心地になる。

007_3


ここは福島第3中学校

どんな素敵な桜名所より思いで深い桜

家族が揃う場所になっている。

風に舞い散るさくらをながめていると

「散る桜、残る桜も、散る桜」

良寛

「明日ありと、思う心の仇桜、夜半に嵐の吹かぬものかわ」

親鸞

そして私は

「願わくは、花の下で春死なむ、その如月の望月のころ」

人はいずれ死ぬ、西行のように

今を盛りと咲くさくらの満月の夜に・・・・・。

なんて想いをはせる。

Photo_3


美しく、咲き誇るさくらをみて

あなたは、何を思われましたか!

« | トップページ | 桜  1枠2シーンの練習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

happy01/ こんにちは~~

さむ~い雪の季節の頃から、この櫻の季節をどんなにか待ちわび

そして今地元の櫻は満開を迎え過ぎ去ろうとしていますね。

「三日見ね間の櫻かな」と言われるように・・でも手元に捕まえて置きたい・・

そんなこと出来たら櫻ではなくなりますたら・・ね。

やはり櫻は散るからいいのでしょうね。

櫻の句は沢山俳人によって詠まれていますが、

cherryblossom櫻の句で好きなのは

「さなざまなこと思い出す櫻かな」・・芭蕉

やはり櫻の思いでは「あんな事・こんな事」沢山ありますよね。

「ながむとて花にもいたく馴れぬれば別れこそ悲しけれ」・・西行

最近自分の時間が沢山ありますので、櫻とも結構長い時間

遊ぶ事ができ楽しい櫻の季節でやはり散るのは寂しいですね。

ひまわりさんもごshine主人と共に楽しまれますから素敵ですね。 

momoさん

こんばんは!
こころ豊かな時をお過ごしですね~。
行動の範囲の広さ、早さにも、何でもこなしてしまう見事さ!
見習いたいと念じています。  

桜は何と言っても、日本の心をあらわす花?だと思います。
哀しい時も、嬉しい時も、桜の花に想いを、憂いを託してしまいます。

桜を眺めては想い出し、今を生き、未来を夢みます。
何回桜、見れるかなあ・・・。なんて今年はおもいました。(笑)
お立ち寄り有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1399083/44978877

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | 桜  1枠2シーンの練習 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ