« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月11日 (水)

反省[発表会)   少しずつ毎日

朝、起きて歩くと、足の裏に激痛(左足)が走る。

そういえば、月、火と「疲れてるなあ」と感じてた。

謡曲の発表会(8日)も、無事終わり、「開放感で緩んでいるんだな?」

なんて軽く考えていた。いつも健康に慣れているので、落ち込みが激しい。

とりあえず、プールは休み、整形外科に行く。レントゲンをとり、「大丈夫ですね」の一言

パソコンで、調べると足腱鞘炎らしい。ただ冷やして様子を見るほかないらしい。

謡曲の練習は、追い込まれていた。去年の3月11日辺りから練習はしたことがない。おまけに、今年の1月~3月まで、夜の道が運転が出来なくなり、休んだ。勿論発表会も欠席、3週間あれば、と思い練習を始めようと思ったら先生からいただいたカセットテープがない!ことに気付く。どんなに探しても見つからない。練習日に先生に事情を話す。翌日先生がテープを自宅まで届けて下さった。

次の日、ICレコーダー、パソコン、CD-Rに取り込み、台所、と車で移動してる時間などは実に有効。だが、1時間きくと、体が拒否反応する。3級で難しいこともあるが、練習しない空白時間が、長すぎて、なかなか覚えられない。焦る、あっという間に発表会。

仲間の一人が、「夜寝る前に必ず聞く」と教えてくれる。
そういえば、車でカセットテープが、聞ける時代があった。特に練習しなくても、車の移動時間にテープを聞いていた。

今回は覚えが悪く、時間、仲間に迷惑をかけられないという、思いで、焦りまくる。
反省しきりだ。
台所に立つとき、車で移動する時間は謡曲を聴こうと思う。パソコンの時は、好きな曲を・・・・。

何事も少しずつ、毎日する・・・・・が大切かも。

  クリックして、聴いてくださいね

2012年7月 6日 (金)

音楽テスト

音楽プレーヤー貼り付け練習

2012年7月 3日 (火)

繋がらない!インターネットが・・・・

昨夜、相方にメールが、・・・。

朝、孫が5時30分、いわきへ(部活陸上競技)  相方が6時30分白河へ(ゴルフ )

(二人共、一泊二日の予定)、気忙しい階段の足音に、目が覚める。とりあえず孫を送る。

メールを相方に見てもらう。電源を切り、パソコンが余りにも汚れていたので、乾拭きしてから、蓋をしめる。

朝食を二人で食べ、送り出し、洗濯を干し「、梅ちゃん先生」をみて、娘と一緒にコーヒーを飲む。娘も出勤!普通ならここで、食器洗い掃除をする。

だが今日はここで、パソコンを開ける。

「ハード無線のスイッチがオフ」という文字がでて直ぐ消える。
「えっ!どうして、どうして」と焦る。「numlock」というキーに灯りがついているのに気づきクリックして消す。そして掃除をした時どこかのキーを押してしまったことに気がつく。

4日間パソコン使えないなんて!考えられない生活にいつの間にかなっている。
9時頃から11時ごろまで必死になって、あちこち、わかりもしないのに、古いパソコンで調べたが、壊すと大変なので、試す勇気はない。なにせ、買ったばかりの、東芝の「winndou7」です。

とうとうお手上げ、先生に電話をかけ、「これからお邪魔します」と・・・・・。

お昼近いので「迷惑かけるかも」の心配も過ぎりましたが、「直してもらいたい」の一心で車を走らせました。

一分もかからないで、直りました。(天にものぼるほど、ほっとする)笑

電源キーの隣の隣プロペラのようなのに電気(灯り)がついているんですが、そこを、もう一度クリックして、それから、初めからやり直しすると、ヤフーの画面が立ち上がりました。

とても嬉しかったです。パソコンをしてると、時おり忘れたころに、こんな風な自分でどうすることもできない場面に出合います。が楽しい方が勝ります。

でも疲れたなあ!Dokudami
だが直していただいて、良かった。

本当に有難うございます。感謝!感謝!で~す。

2012年7月 1日 (日)

伊藤エミさん(姉) 逝く

先日、伊藤エミさんの訃報をテレビでしる。妹か、姉か?沢田研二の顔が浮かぶ。

そういえば、「ザ・タイガーズ41年ぶりの武道館 」NHKBSで放送されたのを、懐かしくテレビで見た。元の奥さんは元気なんだろうか?と・・・・。

人気絶頂期だった1975年(昭和50年)比叡山山頂で行われた沢田のライブ中ツーショットで結婚報告した。4年後に長男を授かり87年に離婚、7年付き合い、結婚生活11年
デビューは1959年「可愛い花」で大ヒット「恋のバカンス」「恋のフーガ」16年間次々とヒットを飛ばしスターに登りつめる。

NHK紅白歌合戦、昭和34年(1959)~49年、16年間(結婚)出場、シャボン玉ホリデーの司会なども、

7歳年上ということもあったのか、日陰のままでいいと云いつづけ、沢田がそんな彼女の気持ちの応えたいと結婚に踏み切ったそうな。スターに成長していくジェリーを支えたのは彼女だ。だが、離婚のときも「そんなに彼が望むなら」とわかったと淡々とした気持ちで・・・・。

ともかく山あり、谷ありの人生だったに違いない。

幸いにして、子供さんを育て(好きな人の)一緒に生活できたことは、喜びだったと思う。

男と女の話は当事者しか、わからない!愛したことも、愛されたことも、素敵な時間だと、信じたい。沢田を名乗っていたのは子供のためなのかなあ?ずっと好きだったからかなあ?

クレージーキャッツのメンメンと楽しんで歌ってくださいね!貴女は素晴らしい女性でした。

ご冥福をお祈りします。さようなら

Photo

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ