« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

ブルームーン

謡曲の帰り道、「明るいな?」と思った。楽しかったからだろうと・・・・。

ほどなく息子が帰ってきて、「今夜はブルームーンだ」と話してくれる。
直ぐデジカメを持ってベランダに・・・。5枚ほど撮り、息子に月を撮れる様に操作してもらう。
撮りました。見て下さい。

006 010_5





011_3  013_2

外は満月、涼しげを誘うように、こおろぎが其処此処に ・・・。

まぎれもなく、秋はそっと忍び足で寄り添っている。

探し物

水曜日使用したものを、所定の場所におかず、次の日使おうとしたら、ない。!

ここに置くは、覚えているが、肝心のここがどこかわからない。

朝から片付けを始める。「ここらあたりかなあ」というところを、目安を付けて・・・。ところが見つからないので、あちこち手を広げた。、嫌になり、ふと見上げるとかかっていた。記憶が蘇えった。すでに二部屋の二か所物が広がっている。

気を取り直し、いい機会と思い直し、掃除を始める。毎日掃除をしているが、本の、小物入れの、ピアノの、裏側など埃だらけ、凄いことになっている。いつの間にか書類のいらないものも、増えている。ますます、忘れやすくなっているので、物は少なく、管理できる状態にしようと反省する。13時までかかったが、さっぱりしていい気分である。

Photo_4
画像をクリックして読んでください。すぐ忘れるけど、今だけでも、心しよう !(笑)

2012年8月30日 (木)

写真のコラージュの練習

7月の旅行写真思い出にコラージュする。(クリックすると拡大)

01_201_3


右側の写真が、洒落た空間を演出している「ななかまど」です。

子供の小学校時代のお友達が営業しています。風のたよりで聴いていたのですが、・・・・。

先日相方とその道沿いを通り、懐かしくなり、寄らせていただきました。

35年の月日が流れています。30代の人生を彩ってくれた友人の一人です。

もう一人の友人と3人で、楽しい時間を共有しました。

有難う!そしてお元気で。いつまでもお健やかに・・・・・・。

土湯の道の駅を岳温泉の方向に下ったところ

「ななかまど」 優樹の森です。

2012年8月26日 (日)

テレビをみて

NHK特番「新猿之助誕生」

襲名が決まってから、襲名までの追っかけでの作品です。
革新、異端などと語れる新猿之助、長年培われた芸の力は素晴らしく、吸い込まれるように、見入る。揺るぎない自信?茶目っ気、色気たっぷりである。迫力の凄さ、風格すら感じられる。いったいどこからでてくるのだろうか?不思議です。

猿之助」という名前は、初代登録以来140年、一日たりとも途絶えることなく、受け継がれているそうです。亀治郎は「猿之助」に強烈な憧れを持ち、すべてに反発したとも云う。自らの意思で「猿之助劇団」を去り、4か月後先代猿之助は脳梗塞を・・・。見舞いにも行かなかったと。マスコミなどは武者修業と称したが、「そんなきれいな言葉で括れるようなものではない」とも語っている。

「猿之助を譲る」との再会まで6年の月日が流れる。先代が「金のとれる役者になった。あの子に期待している。足りない処は補ってくれるだろう」と述べている。

両者ともに、胸中いかばかりか計り知れないが、言葉にできない感情が渦巻いているんだろうなあ。澤瀉屋Photo_2の思い入れ、歌舞伎という芸への情熱と執念の凄さを感じる。そこに香川照之こと中車を加え、譲る者、継ぐ者、両方の思いをのせて、走り続ける。

澤瀉屋の得意芸はケレン
観客の意表をつき、スピード、スリルを重んじる演技。体力が重要です。

「天翔ける心 それがこの私だ」というセリフがある、澤瀉屋ならでは指標では?・・

ポスターにかいてあるのをみるだけで、ぐっとくる。

まして、生涯を終えたヤマトタケルがいうセリフ

万感の面持ちで、それを口にする新猿之助、胸熱くなる。あっという間の夢のような時間を過ごす。ワクワク感!いいなあ~。

能 狂言公演

先週の8月19日、東日本大震災支援チャリテイー、福島県いわき公演へ、

車2台で10人、福島14時、出発15時30分着、開場16時 開演17時である。

「なんて早い時間だろう」私は心の中で呟いて歩いたが、屋内について驚く。凄い行列で埋め尽くされている。不思議なので先生にお伺いすると、「流派が一緒だから」そうだ。

Photo仕舞 高砂  善知鳥

舞囃子 松風  天鼓

仕舞は、一曲の見どころをシテ一人が、面や
 
      能衣装をつけず、地謡で舞う

舞囃子は、それに囃子(大鼓、小鼓、笛)を
       加えて舞う

極限までそぎ落とされた動きを前に、自分の心が空っぽになる。自分の世界に気持ち良く遊ぶ時間である。

「所作で舞らず、心で舞え」 とか・・・・・。

余剰の美とかいうんだそうです。(笑)

能は「田村」

勝ち戦の武将、ここでは征夷大将軍、坂上田村麻呂の雄々しい姿 を・・・・。

前半は月明かりが漏れる春の宵を描写、優美さ、華やかさ、弱吟 で優雅な舞

後半は一代の戦記を語り、敵をなぎ倒す武者姿の田村麻呂、強吟で力強く、カケリの所作

キリの舞、曲想の変化が実に小気味いい。

やっとやっと、能の玄関に立つことができたようだ。嬉しい。これからが、楽しめそうだ。

先生、仲間に感謝!  有難うございます。  

2012年8月23日 (木)

ツアー旅 2

2日目のホテル到着、荷物を部屋に置き、相方と10分程歩いて、大手スーパーダイエーへ。
お世話になっている方が芋焼酎が好きの情報を知り、注意して探したが、見つからない。
焦っていた。幸い気に入る商品を見つけ、6本づつ、2箱上手くいったと、胸を撫で下ろした。
ところが、すこ~し、重量オーバーとか?いろいろ頼み込んだが、受けいられず!またやり直す。送れて、本当に嬉しかった。

翌朝、天草観光(島原湾、大江天主堂、パールライン)-阿蘇温泉郷(阿蘇リゾートグランブィリオホテル)-阿蘇草千里ー熊本城ー熊本空港ー羽田空港ー埼玉(蕨)ー大宮ー福島

PhotoPhoto_2


時間がたち過ぎた。(笑)ようです^~。

天草5橋(1号~5号)で繋がっている。松島展望台からみる島々、諫早湾、オリンピックで活躍した内村航平の出身地とか・・・・

阿蘇のホテルも心地よい。涼しげなセミの声が林の中から聴こえ、ヒヤッーとした空気が気持ちいい!至福の時間を味わったのを。今でも覚えている。

妹夫婦と一緒で、精一杯楽しんだ。旅行中は元気いっぱいだったが・・・・。

いつの間にか、老いが忍び寄っている。(笑)無理がきかない身体になっていた。
電車で何度も席を譲っていただく。日本の若者も、捨てたもんじゃないなあ!

そして、一緒してくれた妹夫婦、有難う!感謝してます。

また、お願いしますね~。

2012年8月22日 (水)

西九州4島めぐり4日間

7月、阪急交通社で旅行する。妹夫婦が全部手続き、手配をしてくれた。
天候が心配されたが、まずまずでほっとしたのを、覚えている。

一番驚いたのが、福岡空港まで、添乗員がいなかったこと!

新幹線にのり、山手線で羽田空港へ、
コース番号とお問い合わせ番号(旅のしおり)で搭乗券を・・・・・・。
冷汗を掻いた。一枚[旅のしおり」家においていこうかな?なんて思っていたが、気まぐれで持っていったのです。ほんとラッキーでした。(笑)

平戸千里ヶ浜温泉(平戸海上ホテル)-市内観光(ザビエル記念聖堂 オランダ橋)生月島観光[塩俵の断崖 最北端の島)-九十九島クルージングー島原温泉[ホテル南風楼}

これで2日間で~す。(笑)

2012年8月12日 (日)

吉田昌郎さん

今朝、新聞をみると、福島原発前所長、吉田昌郎さんの記事を見つける。
入院したことは、知っているが、その後どうなっているのか?心配している。

調べてみると、昨日福島テレサでビデオを上映したらしい。残念だが知らなかった・・・・。

でも毎日新聞で、昨日全公開していることに気付く。是非クリックして読んでください。

この人の言葉と映像で、どんなに慰められたか!

誰を信じていいか?わからなかったあの時、前所長の言動でパソコンで調べたし、家族で避難もした。

早く元気なって欲しい。お顔をみせていただき、ちょっぴり安心もする。

願わくは、また福島のために、原発の処理と安全の確保の指導者になっていただきたい。

昨夜、久しぶりの雨をいただき、蘇る我が家の緑のカーテン朝顔で~す。

Photo

2012年8月11日 (土)

時にはいいもんだなあ!

                    昨日から、娘と3人暮らし

 
                時にはいいもんだなあ!と思う。何十年ぶりだろうか?

             孫とパパは二人、富士登山に出かける。今日九合目に宿泊し、

          11時頃、登る予定、ご来光、出会えるといいなあ!15年前のように!

       娘夫婦と4人で富士登山する。神秘的なご来光に驚く。 思わず手を合わせる。

         忘れられない。きっと明日も、成功するように祈らずにはいられない。

           いい思い出になろう。ほんとは娘も一緒に登りたかったのだが・・・・。

            足に自信がないのに、何の準備もできなかったために、諦める。

              どうしても登山成功させたいパパの願いの為に・・・・・。

          お蔭で味わったことがない、のんびりした空間に、出会った。

        娘は2階でお片付け、洗濯も、一日まわっている。時おり降りてきて

     いっぷく、お茶と御菓子、3人で他愛もないお話をする。なんて贅沢な時間!

      だと思う。いつも忙しすぎる娘、必要な会話しかしない。してる暇などない。

      久しぶりに娘がお昼の準備、夜の準備は手のかからないお刺身三昧にする。

       時にはいいなあ!こんな時間 笑いながら話す。朝顔も頷いたような気がする。

Photo

2012年8月 7日 (火)

動画作成練習

今日の授業

動画作成  youtubeアップロード   ココログに貼り付け

2012年8月 5日 (日)

先週、千葉に住んでる息子が帰ってくる。相方に連絡ををして、一泊二日でゴルフ、
会津磐梯カントリークラブへ行く。

息子が参加したので、夜の宴会盛り上がったいう話、相方がまた優勝した話で皆さん全員が家まで送ってくださった。楽しそうな顔、かおは真っ赤、2日のゴルフは紫外線で体中真っ黒だ。

夕食の準備は、いつもの通り私がするんだろうと、思っていたが、息子に「僕が準備するから」と言われ、ほっとする。買物したものを冷蔵庫から出し並べると、すぐ献立が決まり、作業を始める。5時頃から8時ごろまで台所に立ちっぱなし、丁寧に手間暇をかけて作業する。勿論できた料理は、上品な味で美味しい。家族皆が美味しい美味しいと云っていただく。

朝の準備、姉家族の弁当作り、いそいそ働いている。あたたかい空気が部屋中に流れている。全員で朝食を食べるのは、息子が来た時だけである。姉家族を送り出すと、冷蔵庫の掃除を始める。お掃除をしながら、お昼の準備をしている。私には備わってないなあと思う。

親子3人で他愛のない話をしながら、美味しい昼食をいただく。優しい可愛い息子である。平凡な幸せな生活をと願っているのだが・・・・・。

今夜は「しゃぶしゃぶ」息子が送ったお肉が届く。明日は会社で働いてくれてる二人を加えて5人分の弁当を作るという。親子3人で、必要な物を書き出して出かける。お店二軒回る。ついでに明日行く墓参りのお花も、買う。

今日は家族が久しぶりに6時半に帰ってくる。乾杯をして、ビールを飲み始める。息子がみんなにしゃぶしゃぶを取り分けてくれる。たれも2種類手作り、美味しいので、話題も弾む。楽しい時間はあっという間、疲れたので、若い人を残し早めに休む。

朝5時ごろ、起きると息子が台所で弁当作り、感心、やっぱり真似できない!姉家族に弁当5つ持たせ、見送る。姉がそっと弟に・・・・。

両実家のお墓詣り、保存食を3品、昼食を作ってくれる。
美味しいコーヒーを飲みながら、親子3人他愛ない話をする。
習い事の日なので、息子を」東口駅まで送る。わらじ祭りで駅周辺は混んでいた。

Burogu

今年の春料理コンクール出品(優秀作品に選ばれる)
頑張れ!息子よ!

2012年8月 1日 (水)

電話

暑い日が続いている。久しぶりにパソコンの前にいる。

昨日、仙台の義弟から、「PCにメールをしても、ブログをみても、更新がない。疲れを起こしてるんじゃないか?」と心配してくれるメールが、外出から帰ると携帯電話に入っていた。
早速妹に電話する。

「足、腰が時々痛くなる。首から背中にかけて、どう説明していいかわからない(引っ張られるような、?虫が這うような?重苦しいような?)感覚で不安な状況が続き、pcを休んでいる」と。
妹は笑いながら「熱しやすく、冷めやすいんだから、心配ないと主人に話たが、納得できなかったんでしょう!でも、無理は禁物だよ」・・・・・・ とも。

そして、暑中見舞!懐かしい10代の頃から友達からだ。
用事がなければ、電話しない私だが、思わず声を聴きたくなる。近況など、話しながら、あと何回逢ったり、話したりできるんだろうね~。相変わらずグランドゴルフに夢中で大会に出まくっているが、決して無理はしないとか

「この年になると、いろんなところが危うくなりかけてくるが、開き直って、気にしない。無理をしない。適度なストレッチをする。を心掛けて生活をするといいと思うよ」
昨日お逢いした知人のお話、身に沁みる。

今朝、目が覚めると、気分がいい!
ブログにお立ち寄りくださった方々、本当に有難うございます。
ゆったり、のんびり、その時々の感情をかけたらと思います。

ご心配おかけしました。 o(_ _)oペコッ
Photo


  

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ