« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

観世能楽堂

昨日、渋谷にある能楽堂へ、  Photo
先生と仲間に、足早でやっとついて行く。

渋谷の人の波は、驚くばかりだ..。

何時のことだったか、覚えていないが
「とにかく、いいと思わなくてもいいから、途中眠ってもいいから、座るだけでいいから、能楽堂に入りなさい。無心にみればそれでいい」というささやきを思い出している。

やっと観世能楽堂!感激と緊張が走る。

能楽堂にたたずむと、独自の香を感じる。
木と照明が醸し出す心地よい空間(広くなく、狭くなく)  能楽堂の雰囲気というものだと、思う。やがて、音もなくすっと、出演者がでて、あっという間に支度が整います。その気の入った体の奥深くからの緊張感、申し合わせただけで、すっと揃う一つ一つ所作、謡で吐いた息が滲みてくるような錯覚さえ感じ、真剣に向き合う場が、能楽堂かもしれない。

Photo_2菊慈童、通小町     能

名取川           狂言

菊慈童、名取川は二度目なので、少し解る。

通小町は まだ習っていない。折角見に行くのだからと、あらすじなどを調べてのぞむ。

若かりし頃、才媛の誉れ高い美女で多くの殿方に慕われ、華やかな時を過ごした、小野小町が放浪の果てに亡くなり、薄(ススキ)の原に亡霊となって現れる。僧がススキが生い茂っているばかりの様子から、秋風の吹くにつけて哀れを感じ成仏させようと、弔います。が、かって思いよ寄せている少尉が邪魔をします。「死後もなお、拒絶される少尉」
「お僧の回向を受けたいばかりに薄を押し分けてきたのですから」と少尉を振り払い立ち去ろうとしますが、、、、。生の時も死してもなお小町の恋慕の思いは変わらず、小町は死後も受け入れようとはしません。
お僧が、少尉の九十九夜どんな日にも、思いが叶うようにお参りしてる姿を小町に見せ成仏させるというお話

一度ではまだ、霞がかかったようにしか、わかりませんが、、、、。そのうちにきっと!

お連れ下さった先生、Tさん、有難うございます。楽しかったです。

2012年9月18日 (火)

見つけた!

暑いせいか?何事もはかどらない。
ピアノも習って練習してる時は弾けるが、次の曲に進むと忘れてしまう。
「麦の畑で」 「魔弾の射手のマーチ」  「アイーダ・マーチ」 「埴生の宿」
「埴生の宿」だけは、いつも弾いているので、弾けるが、3日もたつと躓いてしまう。

今「紡ぎうた」を練習中だが、ふと疑問を抱く。音符を読めないで、暗譜して弾くからでは?
それから、pcでいろいろ調べてみる。人それぞれでやりかたはいろいろだという。
「やっぱり、現役の先生に習うべきなのかなあ」
ピアノを弾ける、友人に習っている。

シルバーで、ピアノを習って楽しんでいる人いないかなあと思い、pcで暇をみつけては検索していた。
今日やっとみつけた。60歳でピアノを習い初め、70歳でパソコンを習う。ただ今75歳で自分の弾くピアノをユーチューブで発表している。
大人のためのピアノ教室(シルバーピアノ教室)の発表会で楽しそうにピアノを弾いている。
60歳でピアノを習い始めている人は、大勢いらっしゃいました。

この方は70歳でpc習っている。私は3年も早く習っているし、ピアノだって大丈夫でしょう!
娘の助言もあり、現役の先生に習ってみようと意欲が湧いてくる。
ちょっと、出遅れ加減ではあるが・・・・。

005_4               (クリック拡大)

「紡ぎのうた」の練習の途中から、音符をみながら、弾く練習をしている。
ピアノの鍵盤ばかりみて、1年間練習していたので、なかなか音が探せない。

自分に合ってる練習かどうか、専門の先生に習おうと思う。

素晴らしい先輩の後を、見習おう!追いかけよう!と今思う・・・・・。

明日の気分はどうかしら?(笑)

2012年9月12日 (水)

あなたへ

久しぶりに映画「あなたへ」をみる。

主役の高倉健は勿論のこと、脇役が豪華で、それぞれが、それぞれの役割を、見事に演じている。

富山~長崎までのドライブ、景色がいいですね~。その先々で妻を思い出す。

田中裕子、いい味醸し出してて、たまらんでした。

その健さんに旅先で出会う人々、穏やかな日々の中でそれぞれがが、

誰にも語れない問題を抱えながら、それでも日々生きていく・・・・・。

人間と人間との絆の強さ、弱さ、深さと儚さを考えさせられました。

Photo多くを語らずとも、何気ない人生が浮き彫り

になる秀作です。

立ち姿に人生が滲みでる高倉の演技

そこはかとない優しさがにじみ、あったかい

感情に包まれ、「みてよかったなあ」

としみじみ思いました。

田中裕子さんの、歌も、雰囲気にぴったりで

素晴らしい!

お上手なんですね~。

高倉健さんお帰りなさい。

そして有難うございます。

ますますのご活躍を!

また見に行きたいです。

2012年9月11日 (火)

「プロフェッショナル仕事の流儀」をみて

9月8日10日孤高の人、高倉健の特集をみる。
人間「高倉健」の本当の姿を映像に残そう、伝えようというスタッフの強い思いが感じられる。

御年81歳、お肌も艶々若い!食事は朝ナッツの入ったシリアルにヨーグルトをかけたもの
                       夕食まで食べ物は口にしない。
                   朝はマウスピースを噛み、脳に刺激を与える。
                   ウオーキングは必ず毎日する。    自分を律することができる凄さ、一流なんですね~。

常に繊細で感じやすい状態を保つことを心掛ける。
                   「心を震いさせてくれる」感じるもの持ち歩くとも・・・・・。

ロケ地の空気、風景、匂い、緊張感そうしたものから、本当の気持ちに繋がる何かを見つけだし、気持ちを盛り上げ、最高の気持ちの瞬間のよぎる感情 を「一度きりを生きる」演技が生まれるそうである。
自然とにじみ出る感情を身体と心で表現できると信じるからだと。

これまでの経験で教わってきたことがある。Photo

「生き方が芝居(映像)に出る」と・・・・。

どんな生活をしているか、

どんな人とつきあっているか

何に感動し、何に感謝するか

好きな、映画、監督、俳優、絵、本など見つけ、追っかけるんですよ!

自分の感性、感じられる心を大事にすることですかね~。

共演した北野武の言葉

「シロナガ鯨である。その存在自体でいい。演技はいらない。」「孤独感を深めた佇まい」

己の信じる道をひたすら貫こうとする深さが観客を離さないのかもしれない。

大滝秀二さん、短いセリフなのに、表現力の豊かさに驚き、感銘し、涙を流す高倉健さん

スタッフ達が駆け回る側でそっと立ち続ける。感じるものがあるという優しい健さん

もしかして、最初で最後かもしれない?

見れて本当に良かったです。        再放送9月14日総合テレビAM0時25分です

2012年9月 9日 (日)

古典芸能の招待

今日、Eテレで、猿之助、中車、団子の「襲名口上」「黒塚」「楼門五三桐」をみる。
口上も初めて、ユーモアあり、楽しい。

「黒塚」はなんといっても、凄い!山伏の一行が一夜の宿を求めやってきます。老婆は嬉しくて清々しい気持ちで喜びに満ちて芒が原で舞い踊る。身体の動きが軽やかで、何とも言えないセクシーで美しい!
夫の不義に怒り狂い、人を食らう鬼女になってしまった老女の安達が原のお話です。

間もなく鬼の住処とわかり、山伏に数珠で念仏を唱えられ、鬼に変わっていくさまの踊りの気迫、中腰でどんどん重心を低くして、心情で踊り続ける。鬼女になりきってる集中力の渦、絡まって見入ってしまう芸の力、素晴らしい!

Photo_5押しつぶされそうな暗い空気の中。ほっとした時間、救われたのが猿弥、立ち回りも素晴らしく、ふっと場の緊張をほどけさす脇役の技術も猿之助を輝かせている。

そして音楽、三味線、鳴り物、掛け声等など一体となって見応えがあり、とてもエネルギーをいただきました。

どんなものにも、旬があるように、

人間にも旬があるのではなかろうか?

猿之助をみていると、美しい内に持つエネルギーの量が多いように思えてならない。

今が旬の歌舞伎役者だと、思う。

幸せ感でいっぱいだ。


2012年9月 2日 (日)

お片付け

今日も片付け、パソコン周辺をやむなく・・・。

先日ディスクレーベル作成を習う。早速昨日作って印刷しようとしたら、部品がないことに気付く。キャノンの印刷機の電源を入れたり、消したりして、付属品のディスクトレイを探したが見つからない。今朝、孫にも、見てもらったが、見つからない。去年買ったばかりなので、捨てるはずはない。のんびりしながら、大事なものを捨てないように注意し、思い切って捨てていく。本当に必要なものは、余りない。探し物は、でてこないし、見たことがない。

15時で見切りをつけ、洗濯物を所定の場所に、夕食の準備に取りかかる。

「笑点」「平清盛」17時30分~18時45分までテレビをみる。

夕食を終え、食器洗いをしていると、息子が帰ってくる。お風呂に入っている間に、食卓に並べ、聞く準備をする。印刷機をみて、操作ガイドをみて、「箱と一緒に捨てたんじゃないか?」と・・・。「パソコンで付属品が買えるか調べるといいよ」とも言ってくれる。

それから1時間もかかって、注文して買えることがわかる。ほんとにトホホ・・・です。
こんなことばかりしている昨今です。嫌になりますが、家の中はさっぱりしていきます。(苦笑)

日野原重明    1  使える時間(命)を集中の時間として使う
            2  うつぶせ寝
            3  1300カロリー
            4  新老人は75歳
            5  60歳~75歳までは助走
            6  75歳で大ジャン
            7  新しいことに挑戦する    幻と勇気ある行動を!

自分に言い聞かせています。今日は待望の雨、蘇った朝顔です。(クリックで拡大)

201201

 

 

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ