« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

大晦日の宴

昨日娘の家族は、東京に遊びに出かける。P1000077

孫が楽しみに待ってたショッピングらしい。

今日は息子が相乗りして、帰ってくる。

その前にゴマハタ、セキダイ、サバが届いた。

(後で説明を聴いて、わかったのだが・・・・。)

家に午後5時頃着き、すぐ料理の下準備を始める。

家族のために、美味しい食事を食べさせたいという。

息子も、娘の夫も、娘も、相方も料理が上手です。

何故か私だけが、不得意なのに、毎日食事をつくって、います。だから、お正月、特別の日はみんなそれぞれが、得意の料理をつくってくれます。感謝してます。

Photoゴマハタはスキビキ
(うろことり)
セキダイはバラヒキ
(うろことり)

をしてお刺身と、水炊き用の身とあらに分ける。

カラスミを買って食したことがあるが、好きでないと、思ったが息子の作ったカラスミの味噌づけは美味である。

サバは(淡路の)しめ鯖

生湯葉、クリームチーズ
舌がとろけそうな食べたことがないほど、美味しい!

ゴマハタ、セキダイの水炊きも、上品なさっぱりした味で、幸せ感いっぱいの宴となる。

息子よ有難う!感謝してるぜ(心では言えますが・・・・。口ではいえません。

間もなく今年も終わろうとしています。

火のある暮らし

今年の寒さは厳しい。

寒いと感じた頃から、薪ストーブを使っている。002_2

燃やすと、パチパチはじき、炎の表情が、

さまざまに変化し、楽しませてくれます。

部屋中、快適な暖かさ、(空気が柔らかな感じ)

ストーブの上で煮物もでき、お湯はいつも使えます。

洗濯物も気持ちよく、乾きます。

男性二人が、薪を車で運んできます。

家族4人で、木の保管場所に積み上げます。

積み上げた材木をみると、豊かな気分に

なるから、不思議です。

杉、ヒバ、ヒノキだと、聞きました。

いい香りもしますし、火力も強いし、熾きもでます。

004熾きがストーブいっぱい貯まると、

燃えやすくなり、暖まります。

家の中に、火が燃えていることの幸せ

をつくづく感じている。

単純なものです(笑)

2012年12月26日 (水)

今年も残りわずか

寒い日が続いています。

忘年会、習い事も昨日で終了、何故か慌ただしくなってまいりました。
忘年会は30年ぶり、10年ぶりにお逢いできた方がいらっしゃって、懐かしく盛り上がりました。
お世話してくださる方がいるから、楽しい時間を過ごせます。有難うございます。
格安なお値段で、美味しい御馳走が並んでいました。オヘソが傾くほど戴きました。
皆揃って元気で、過ごせたらいいなあ!と願っています。

謡曲はグループレッスンから個人レッスンへ   (夜の運転が怖くてできなくなる。雪道)
10月から{「、融、」 「 斑女」   「 井筒」  凄いスピード、ついていくのにアタフタしている。暇を見つけて勉強しないとついていけない。

ピアノ、練習は先週まで、予定をクリア、8分音符の速さがまだできていない。
慌てずのんびり、やるしか、ない!

パソコン、いろんなことを習ってできるようになるが、使ってることは大丈夫。だが、
1か月も使わないと忘れている。これにはまいってしまい、時々立ち上がれなくなる瞬間がある。年を重ねるとはこういうことだと、観念する。

クリスマス、孫は9時30頃帰る。
相方と一緒に孫の喜ぶ顔をみるために、買い物をする。雪も飛びかい寒い夜、
薪ストーブであったかいクリスマスとなる。                

01

Photo_3


左の腰が、不具合を生じている。整形外科にいくと、骨粗鬆症だという。
ちょっぴり、元気をなくしている。元には戻らないと。
薬を飲んでこれ以上悪くならないように、するという。まあしょうがないか!

今年も皆さんに(先生、仲間、同級生、友人家族) 面倒をみていただき、楽しい時間を過ごすことができました。有難うございます。

またブログを見て下さった方々、本当に有難うございます。
御一人おひとりのアクセスがとても励みになっています。
拙いブログですが、明日の希望に繋げたらいいなあ~と夢をみてます。
今年もあと5日です。早いですね~。

風邪など召さぬないように、あったかくしてお過ごしくださいますように
どうぞよいお年をお迎えくださいませ o(_ _)oペコッ

2012年12月12日 (水)

勘三郎さん逝く

Kannzaburou_4名前を知っている程度のフアンなのに、各界の著名な方々の声が沢山紹介され、生前のお人柄と幅広い交友、そして生きざまの凄まじさが伝わってくる。

追悼番組もBS,Eテレ、NHK,で放映され、見る。

演劇分野でカテゴリーの垣根を飛び越え、活躍なさった凄い方だと知る。

人間そのものを清濁併せ呑んで、好きで愛して

役に命の灯を吹き込み、舞台の上を、顧客の目の前を、芝居の世界を

駆け抜けた役者、勘三郎さん   

友人の野田秀樹が日経新聞(12・9)に追悼文を書いている。

(引用したいが、抜粋)深い繋がりを感じるいい文章です。

 

彼の亡骸の周りは、彼にそんな恩返しをしてあげたくて仕方のない人間であふれている

それはとりもなおさず、彼がいままで、どれほど周りの人間に優しい男であったかという証でもある。歌舞伎座の大道具、裏方の人々、そして数えきれないお弟子さんたちが、彼の亡骸に、縋りつき泣き狂ったようにいつまでも離れられずにいる。その姿は、肉親を失って悲しみに暮れている人々の姿に似ている。

君の死は、あまりにも僕に近すぎる。君の死を語ろうとするたびに言葉を失い、唇が震え、目が霞む。確かに肉親の死に似ている。

君がこうなってしまうまで、君の存在の大きさに気が付かずに生きていた。その意味では、君の死は、隠れてしまった太陽のようだ。起きるたびに、君がいないことを確認して、途方に暮れている。おそらく君と深くかかわった人々のすべてが、そんな太陽のない朝を迎えている。その数の多さに、君の、中村勘三郎の、温かくも激しい人生を見る。

君が夜中に逝ってしまい、帰ってきた自宅の窓から、富士の山が見えた。たとえようもなく美しかった。月が白くうっすらと西の空に残っていた。紅葉が終わりかけ、冬の訪れを教える、真白き富士の嶺と名残の月・・・「富士紅葉名残の月に 勘三郎」

力が抜けたように息をつきながら、あいつほど「日本人」という言葉が似合う男もいない。そう思った。

 たぶんそれは、我々が歌舞伎に見る幻想でもある。「日本人」とは、その昔こうだったんだよ。こういう人だったんだよと、そう描く理想の日本人の姿。たとえば、悪しき力と闘い、市井の人々には心優しい。義理人情に厚く、忠義を守る、喧嘩っ早くて涙もろく、苦労を自ら背負って、それでいながら底抜けに明るい。

だがこれは、すべて古い「日本人」の物語であり、歌舞伎の舞台の上だけの話だ。架空の話、絵空事。そう思っていた。ところがどっこい、そんな日本人が今なお本当に生きている、それが中村勘三郎だった。

君が僕を歌舞伎の世界に迎え入れてくれて、初めて僕が書いた「研辰(とぎたつ)の討たれ」という芝居の中で、

「生きて生きて、まあどう生きたかはともかくも、それでも生きた緑の葉っぱが、枯れて真っ赤な紅葉に変わり、あの樹の上から、このどうということのない地面までの、そのわずかな旅路を、潔くもなく散っていく、まだまだ生きてえ、死にたくねえ、生きてえ、散りたくねえ、と思って散った紅葉の方がどれだけ多くござんしょ」

 君が回復していたら、再演しただろうこの芝居のこのせりふをどんな思いで演じてくれだだろうか。

 でもその願いはもう叶わない。

君は僕と初めて会った日のように、坂道の下から歩いてきたかと思うと、瞬く間に坂の上に消えて行ってしまったのだから。僕にできるのは、あの時のように、茫然と君の背中を見送るばかりだ。
ご冥福を祈ります。

 

2012年12月 8日 (土)

半能 観世流 「船弁慶」  伊達市にて

Photo
伊達市で初めて能公演が催される。仲間7人で、ワクワクしながらみる。

能の鑑賞をわかりやすく、説明してくださり、能管(笛)、小鼓、大鼓、太鼓もやさしく、使い方を教えていただきました。なるほどと感心しながら、楽しい いい時間でした。

能の囃子は、常に序破急の流れを持ち、互いに主張し合いながら奏される緊張感あふれる囃子です。

演能に先立つ申し合わせ(打合せ・音合せ)は原則として一回しか行わず、まさに一期一会の芸能です

能管 内径の一部にノドと呼ばれる薄い竹筒がはめ込まれた二重構造になっています。、これによりヒシギという最高音が出やすくなるとも言われ、また何ともいえない不思議な音が奏でられ、非常にリズム感の強いものです。

小鼓

柔らかくて良い音を出すには適度な湿気が必要なため、革に息を吹きかけたり裏革に和紙を貼って唾液で濡らして調整するなど誠に微妙な楽器です。左手で調べ緒を締めたり緩めたりして種々の音を出します。革は馬皮、筒は桜材が多く用いられます。

大鼓

小鼓とは反対に乾燥が必要なため、二時間近く炭火で焙り極度に乾燥させた状態にして演奏します。それにより、音も小鼓とは正反対のカン高い音を発します。炭火で焙るため、革は消耗品で数度の使用にしか耐えません。革・筒の素材は小鼓と同じです。

太鼓

打つ方の表革の中央に直径数センチの丸いバチ革が貼ってあり、そこをバチで打ちますが、表革と裏革を調べ緒できつく締め上げてあるため、音を出すことにおいては最も安定した楽器といえます。革は牛皮、筒は欅やせんだんが使われます。

船弁慶は半能 という演出で、一番の山場の部分の上演です。舞台が全部大海原と思い、4人構成の音楽に導かれ、自分が入り込んでいきます。音の強さで波の大きさ、亡霊の強さなど、想像を膨らませ、自分の感覚でみせていただきました。あらすじは

海上に出ると、にわかに天気が変わり海が荒れ出し、西国で滅んだ平家一門が浮かび現れ、中でも平知盛の亡霊が義経に襲いかかり激しく戦います。刃物では勝ち目がないと悟った弁慶は数珠を揉み不動明王に祈ると、亡霊は次第に遠ざかって行き、海上には白波だけが残っているのでした。

素晴らしい時間でした。。充実感いっぱいで帰りました。有難うございます。

 


« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ