« 今年も残りわずか | トップページ | 大晦日の宴 »

2012年12月31日 (月)

火のある暮らし

今年の寒さは厳しい。

寒いと感じた頃から、薪ストーブを使っている。002_2

燃やすと、パチパチはじき、炎の表情が、

さまざまに変化し、楽しませてくれます。

部屋中、快適な暖かさ、(空気が柔らかな感じ)

ストーブの上で煮物もでき、お湯はいつも使えます。

洗濯物も気持ちよく、乾きます。

男性二人が、薪を車で運んできます。

家族4人で、木の保管場所に積み上げます。

積み上げた材木をみると、豊かな気分に

なるから、不思議です。

杉、ヒバ、ヒノキだと、聞きました。

いい香りもしますし、火力も強いし、熾きもでます。

004熾きがストーブいっぱい貯まると、

燃えやすくなり、暖まります。

家の中に、火が燃えていることの幸せ

をつくづく感じている。

単純なものです(笑)

« 今年も残りわずか | トップページ | 大晦日の宴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1399083/48545276

この記事へのトラックバック一覧です: 火のある暮らし:

« 今年も残りわずか | トップページ | 大晦日の宴 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ