« お正月気分 | トップページ | お花 »

2013年1月11日 (金)

テレビ NHKスペシャルをみて

先日「父と子 市川猿翁 市川中車」  NHKのスペシャル番組を見る。

猿翁と浜木綿子が45年ぶりの再会の場面とか、車椅子の猿翁に

「照之、大丈夫ですか?正明もお願いします。」語りかけている。

歌舞伎の世界に生まれながら、理由あって縁がなく、

46歳で歌舞伎の世界へ飛び込む勇気   Photo

父は脳梗塞で倒れ、今でも障害が残る猿翁

なのに「今の自分を撮ってくれ」

不自由なしゃべりを矯正するため、口内マッ

サージをしたり、痛みに耐えきれず、絶叫し

ながら、リハビリする姿をみせている。

猿翁の言葉の重さ

「歌舞伎と一生付き合っていくというのは

芸への愛情、辛さなど色々な感情をあの年


味わうということは、非常に辛いことだ」

と述べている。

稽古をみているだけで、こちらまで身が引き

締まるおもいだ。

父親への憧れ、感謝、愛情

全て壮絶である。

澤瀉屋、市川猿翁、猿之助、中車、正明、

素晴らしい歌舞伎役者になってくれるものと、期待しています。

そしてこれからも見守りつづけ、元気をいただきたいものである。

(1月12日、NHK 総合で16時~17時まで再放送される)

« お正月気分 | トップページ | お花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1399083/48691811

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ NHKスペシャルをみて:

« お正月気分 | トップページ | お花 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ