« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

演劇  カミサマの恋

Photo
舞台中央に祭壇、両脇に竜宮様、道子のカミサマだって。

手前にソファー。ここで カウンセラー。

一喜一憂しながら・・・・・。軽いこと 軽いこと、へえ~。ウソでしょう!

心で笑っている自分がいる。だが心地よい。

この作品、風土を感じる。畑澤さんは、老年?なんて思っていたら・・・・。

調べると青森県立青森中央高校美術教諭、演劇顧問

学校の先生、49歳、高校演劇界では、有名だそうです。

奈良岡朋子、83歳 津軽弁も軽やか、セリフも流暢、体の動きもスピーディー

凄い女優さんなんだなあ!若いし、生気に溢れている。驚きの連続です。

笑いあり、涙あり、溢れんばかりの人情あり、いいお芝居です。

ふわっとした感情と喜び、充実した満足感でいっぱいです。

有難うございます。


2013年3月27日 (水)

梅の花

Photo3月もで残りわずか、梅の花が見頃です。

淋しく辛い、別れの季節でもあります。

未知の土地への移転に期待と不安が交差する4月

新しい出会いが待っています。

よく考えてみると、人生は3月と4月の繰り返し

巡り合いの積み重ねです。

そのたびに喜怒哀楽し、そしてどの別れも

どの出会いも、何れ思い出という財産になる。Photo_2

孫の様子をみてると、刺激され、

こんな心境になります。(笑)

華やいだ気分を味わえるのも、

若い人と暮らしている、お蔭かもしれない。

近頃、特に物覚えがわるい。

覚えないのか?忘れるのか?

定かではないが・・・・・・。

老いをヒシヒシ感じて、ぼやいている。(笑)

2013年3月21日 (木)

お彼岸

 

 昨日は風もなく、穏やかなお彼岸日和。相方と二人で両実家へ、お墓詣り。

彼岸の入りには、私の実家のお墓掃除。

小石の中から草が・・・・。

  「 まさかね~。  草むしりするとは、夢にも思わなかったね。」   Photo_2         

  笑いながらの作業。お花を供えて(すでに、どなたかお花を)完了。                  

主人の実家から、ちょっと早すぎたので、お姉さん留守。

お墓詣りに行こうと車に乗ろうとしたその時、隣町のお兄さんが、

娘の車に乗ってみえた。お供えするものを預かり、お墓へ。

途中で実家のお姉さんに逢い、また家に戻る。いちご、野菜、煮物など沢山いただく。

庭には山茱萸,紅梅が見事に咲き誇っている。Photo_4

、水をくみ、坂道を登っていく。

いい運動である。相方はみな知り合いらしく

、話し込んでいる。Photo_5


実家のお姉さんから

預かったおはぎを供える。

爽やかな春の風がふき

のどかな風景、どこかで鶯の声もきこえてくる。

毎日、生活を楽しんでいるのだが、近頃、成果があらわれなくて、沈みがち・・・・。

習ったことも、すっかり忘れている(パソコン)し、ピアノも弾けるけど、1曲どこかで、間違う

もう少しだと思うけど、、楽しくゆっくりとなかなか1曲を、弾きこなせない。

イライラしている今の状況、抜け出したいなあ!やれやれである。

ほんとは、そんな環境にあることを、感謝しなくちゃ!なんだけど~。(笑)

2013年3月10日 (日)

Photo御父上様(娘の夫の)  ( 画像クリック拡大)

粋でお洒落、触れ合った全ての人々を愛し、面倒を見て下さった優しい方

釣り、鉄砲、山菜取り、そして料理(タブレットで)

その時々の食材を、料理加工して 蕗味噌、筍のキムチ、イワナの煮つけ、燻製、甘柿、干し柿、毎月何かを。送り届けて下さいました。

Photo_3人生の楽しみ方がお上手で、

奥様、子供3人、孫6人、お仲間、などの悲しみの様子や、お話をお伺いする。

深く人を愛し、愛され、素敵な時間を過ごされた。

改めていい人生だったと再確認しました。

今ある生活は、出会った人のお蔭だが、この方の出会いも、

言葉は少ないが、器用で核心だけ、教えて下さる憧れの先輩でした。

生と死は、いつも背中合わせ、「死を意識して今を生きる」大切さを教えられる。

Anigif悲報を受け、娘家族の車に乗る。

実家にご挨拶、私共2人はホテル住まい。

湯村ホテル

源泉かけ流しのお風呂

静かな佇まい、接する人達も心地よく、4日間、お世話になりました。

1日は散歩、2日はサイクリング、

春到来の風をうけ、

父上様、息子(娘の夫)を育ててくれた島上条敷島付近を回って楽しみました。

富士山、逆光で写真撮れませんでしたが、美しく誇らしげにそびえています。

何気ない平凡な1日が、なんと有難いことか、

元気で共に暮らせる幸せが、いつまでも続かないことに、気づきました。

1日を丁寧に、暮らしたいと言い聞かせています。

お父さん!本当に有難うございます。ご冥福をお祈りいたします。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ