« さくら 桜 | トップページ | いつのまにか、萌黄色へ »

2013年4月17日 (水)

テレビをみて

三国連太郎の訃報を知り、「釣りバカ日誌」の好々爺然のお姿が浮ぶ。

そして太地喜和子との噂を思い出す。

19歳、41歳の激しい恋は「あなたの体にひれ伏すのがイヤだった」

との言葉を残し僅か3か月で逃げ出したそうな・・・・・・・。

波乱万丈の人生だったんですね~。Photo

4回結婚、3度目が神楽坂の売れっ子芸者(浩市さんの母)

4度目が60歳、友子さんが34歳その奥様が見守る中、息をひきとる。90歳

メモが・・・・。

「ついに終末の刻(とき)においつめられた様だ。どう闘って生きるか」

走り書きのメモ、

「過ぎた日は再び迎えられない。演技も全く同じだ」

引出のなかから見つかったとか?

「釣りバカ日誌」でメガホンをとった朝原雄二監督が

「気力、体力の限界まで自身を追い込んで、芝居をなさる姿に一流の人間の仕事の仕方というものを目のあたりにさせられました」

と哀悼のコメントを発表している。

 「美味しんぼ」  三国、 浩市 競演の 漲る生命力と不良性を是非見たいと思っている。

三 国連太郎こそ、超特A級の  「永久欠番」  俳優ともいわれている。

ご冥福をお祈りします。合掌

 

« さくら 桜 | トップページ | いつのまにか、萌黄色へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
名男優 三国連太郎さんが亡くなられ、おしい人を亡くしましたね。
いろんな人生を経験され、本人にすれば満足した人生だったのでしょう?
でも 凄い結婚歴ですね。一般の人ならちょっとね・・・・・
桜前線 どこまで行ったでしょう!
少しずつ散り始めてきましたね。

ki kiさん

いつもコメントいただき、有難うございます。

三国連太郎、若い時、役になりきって、凄みを感じていました。
何気ないお洒落で、何故か、魅力を感じてたんです。(笑)
息子が遺伝子を受け継いでいるようで、楽しみで~す。
パパ役の車のコマーシャル、素敵ですね~。

桜から桃源郷へ、暖かくなってきましたが、
今夜から寒くなるようですよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1399083/51270715

この記事へのトラックバック一覧です: テレビをみて:

« さくら 桜 | トップページ | いつのまにか、萌黄色へ »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ