« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

久しぶりに

週に1回、必ずプールで運動をするように、決めているが、何故か、7月は一度もプールに入っていない。

友人を誘いプールに行ってくる。

前歩き、後歩き、横歩き、けのび、バタ足の練習、いいかげんに、遊んでくる。

1時間ほど、遊び、シャワーを浴びて外に出ると、爽快感!この感じが忘れられない。

明日から8月、プールも予定通り、行こうと思う。

Photo


北海道の

時の写真

また

遊んで

みました。

サロマ湖の写真、

嬉しくて、

嬉しくて

加工して

みています。潮風が顔を撫で、ザアーザーと波の音が絶え間なく聴こえ、

時おり、突然舟が移動する、けたたましいエンジンの音・・・・・・・・。

しずかにゆっくりと、サロマ湖に、朝が訪れる気配、思い出しています。

Anigif

2013年7月25日 (木)

北海道5日目

いよいよ最終日、ゆったりと9時出発、大沼公園へ、初めてくる。

車窓から見える景色、ジャガイモ畑、山、栗駒岳、大沼公園へ

106_2 132_6

134_4141_5


PhotoPhoto_2

145_6



「千の風になって」 の曲を思い出しながら、40分の散策、

聳え立つ栗駒岳を眺めていると、

ゆったりとした心持になる。

小さなことに、捉われないで毎日を過ごしたいものである。(写真クリックしてみてください)

2013年7月24日 (水)

北海道4日目

釧路湿原、30分温根内木道を散策、ついていくのがやっとだった。(道を間違える)

いつか来たときは、高台から、釧路湿原見下ろした。2時間位木道を歩いてみたい。

Photo_13 Photo_15

バスの走行距離445km、北湯沢温泉名水亭へ、

150坪という北海道最大級の広さを誇る大露天風呂。

打たせ湯、檜風呂、泡風呂、サウナなど天然温泉をとことん満喫できる温泉リゾート。

ゆったりとつかり、至福の時が流れている。


Photo_16 Photo_17





 

北海道 3日目

                日本で最も美しい村、丘の町美瑛、

北海道の真ん中の上川盆地、大雪山、十勝岳連峰の裾野に広がり、でこぼこの丘がうねうねと続く。一面はパッチワークの布のようで、日本ではない錯覚さえ覚える。心まで洗われるような気分、自然と人の知恵、素晴らしいなあ!

Anigifbiei_2
「美しい」とは色や形だけだはない。そこに住む人々がそう感じ、守ろうとする「心」そのものである。

     「小さいから、身近に暖かい関係が生まれる」

     「小さいから、個性的な価値が生み出される」

      「小さいから、大きな資本を必要としない」

                            由布院温泉の中谷健太郎さん語っている。
3日目は小清水原生花園、オシンコシンの滝、知床5湖、知床峠、摩周湖、屈斜路湖温泉プリンスホテル

Photo_6Photo_7Photo_8Photo_9

プリンスホテルの前が屈斜路湖、食事をしながら眺めるお庭もロマンチック、癒しの時が流れる。

Photo_10Photo_11

そして驚いたのが、天の道 直線16kmの道路 ガイドさんと添乗員さんの心配りで写真撮影する。Photo_12


お話では美唄市~滝川市まで29,2km

日本一長い直線があるそうです。

おどろきですね~。

   (写真クリックしてみてくださいね)

2013年7月23日 (火)

北海道2日目

朝晩寒い。登別地獄谷、富良野、サロマ湖   Photo_16


火曜日なのに、混んでいる。(人も車も)

今をさかりと咲き、見事な景観だ。

個人のもので、無料だという。

御苦労なさったお話をきく。

ガイドさんは松坂節子さん、

ベテランで、お上手で、愉しませていただく

ラッキーである。

写真、随分撮ったが、

なかなかお気に入りの写真は、撮れないものである。

Photo_18

ホテルグランティアサロマ湖は、ホタテの刺身食べ放題、美味しかった。

朝3時30分ごろ、気分よく目が覚める。サロマ湖の波の写真でも撮ろうと、カメラを持ち

闇のサロマ湖を眺めていた。思いがけずの写真撮ることができる。嬉しい!

Anigif

2013年7月22日 (月)

北海道   1日目

トラピックスのツアーに参加

福島~仙台(やまびこ)  仙台~新青森(はやて)  特急白鳥で函館へ

乗り換え10分、ドキドキしてたが、携帯電話で乗り場を知らせるメールが届く。(妹夫婦)

ホッとする。                       買っていただいた弁当  

Photo_2  紐をひっぱり、煙のようなものが出る?

  待つこと少々

  温かい牛タン弁当の出来上がり

  こんなに美味しい弁当[駅弁)

  初めて食べたような気がする。

  豊かな気分、体中に伝わる。

函館ベイエリア散策、

Photo_7 懐かしい感じ、2年前、ゆったり散策する。

あちこちに、花のアレンジが素敵で目に焼き付く

登別グランドホテルへ

超一流のホテルだった。

食事、お風呂も満足、

ホテルの花は、「ゆり」 

 かおりが、充実感をより満たしてくれる。

Photo_11Photo_15
登別グランドホテル  幸先良い予感  満足感で、いっぱいだ

2013年7月13日 (土)

あだたら渓谷自然遊歩道

安達太良高原の 「空の庭」 に一泊することだけ決めていた。

前日2人から「、安達太良山にでも登る?」

と誘いを受けるが、1時間も歩いていない私Photo

 「 どんなに頑張っても、2時間以上は

    無理、遊歩道が沢山あるので、3人

               揃って決めよう!」

2人とも、10歳若い、体力の差は否めない。

sさんが地元なので、直ぐ2,5kmの散策に

決まる。

昼食、風花でケーキとコーヒーをいただく。

娘が「美味しいよ、」と言ってたし

Oさんはカードまで、もっているので

常連らしい。「明日またきます。」帰るとき、寄ることにする。

        Photo_4
いつも、行ってみたいと思って、漸く今日散策、嬉しい。

下っていくと、間もなく水の音が聴こえてくる。ひんやりとした空気に変わる。

道端の脇を山アジサイ、白い花、ミヤコワスレが出迎えてくれる。

水の上流に向かって、登る。黄色のホトトギスが一輪咲いている。初めて見る。

山野草に詳しい友が歓声をあげている。

歩いていると、丁度の温度だが、水を飲んで休憩すると、寒い。

さやさやと吹く風、鳥の声、とうとうと流れる水の音、

緑の光と影の美しさ、心が洗われるような気分

自然の静けさの中に身をゆだねる心地よさ、Photo_5

なんとも贅沢な時間です。

Sさんが車運転得意なので、乗せてもらう

お二人のお蔭でここにいる。

2日間、

愉しかった。

有難うございます。

また機会があったら、

                 宜しくね。

(15日~19日まで、お出かけします。

         よろしくお願いいたします)

 

2013年7月12日 (金)

湯川渓谷探勝林散策

Photo友人と3人


湯川渓谷探勝林

を散策

トンボが、群れて飛び回り、秋の気配さえ感ずる。

先ほどの蒸し暑さが、嘘のように思える。

緑のシャワー、

木立の上を通る風の小気味よさ

流れる水のせせらぎ、私達3人、誰もいない空間で、大はしゃぎ、

Photo_2Photo_3
その日の、お気に入りの写真です。クリックしてみてください。

Photo_4Photo_5Photo_61日目  、またつづきます。






2013年7月 9日 (火)

ああ・・・いやだ、いやだ!

激しい雨が降っている。 (昨日)           Photo

どしゃぶりの雨の中、ピアにレッスンに行く。

30分(レッスン)、30分(散歩)、1軒お店で

買い物、するも、夕食の準備が整わず。
もう一度お店によるのだが、どうしても、足

がむかず、家に帰る。

今日は、何とかあるもので作ろうと思ってい

た。

                       夕方になる

                相方が、とんかつを食べたいという
           買い物を近所のスーパーでする。相方の車にのって
        何故か私の車のキーを渡される。帰ったら車の移動してくれるんだ~。と・・・
     

      お店に着いたとき、買い物袋を持った瞬間、お財布が入っていないことに気付く
   1万円を借りて買い物をする。夕方なので、混雑していて、寒かったのを覚えている。

    家に帰り、自分の車のキーがないことに、気づく。車の中を二人で懸命に探す
     ない。確かに座席の隣においた。店には持ち歩かない。見つからない。
       車になければ、お店のほか、考えられない。また戻り、店内を探し回る
        お店の人に、名前と電話番号を書き、ありましたら連絡を頼み帰る

          夕食の準備をしながら、不思議と不安の交差、情けない!
           車のキーは予備がある。家のキーは4個しかない
                 家族が5人、今でも不足している。
               今どきの家のキーは合鍵をつくっては、
              キーの保障は しないそうである。お手上げ 

           9時10頃、お店から連絡あり、あったそうだ。直ぐ行く
          何処にあったか、尋ねても、なんだか、わからなかったけど。
        嬉しくて、買い物をしていいか聴いてみる 「ごゆっくり」にっこり顔
      半値の御惣菜、孫のアイスクリームを買い、ルンルン踊りたい気分だ!

       それにつけても、何の記憶もない自分に腹がたって、やりきれない
        こうして少しずつ、失っていくことを考えると、嫌で嫌で、たまらない。

                          娘に

          「あったんだからいいんじゃない。気をつけることだよね」

             と言われ「しょうがないか!」と平常心に戻るも

                    嫌だ嫌だの気分抜けられず

                         ( 苦笑)

               昨日の失敗談    弱りました~。

 

2013年7月 6日 (土)

整理整頓

Photo_2昨日は体のメンテナンス、病院の梯子

今日は朝から、家中駆け廻り、時を意識しながら、掃除をする。

お昼3人のお客様の予定、見違えるように綺麗になる。

楽しげに、4人でビールを飲み、雑談、話題は尽きることが、ないようだ。3時40分頃、お帰りになる。

ぼんやりすること、30分、相方がゴルフをみながら、質問に答えてくれる。

「こんなに綺麗に片付いている時、今だけだなあ」と気づき、デジカメを持つ、

「これは広角写真だな」と思ったからだ。

Photo_3次々と写真を撮る。

ふふふふ。何処も気持ちいいほど、整理整頓されている。

いつの間にか、所定の場所に物がなくなる。

不思議だが、家族皆が、物を使い、移動したまま、または、所定の近くに、乱雑に置く。

置く場所が広くなってしまうのです。この積み重ねが、・・・・。わかっているが、なかなか直らない。(笑)

少しずつでも、直そうと思う。

Photo_4

30枚ほど撮りまくり、パソコンに入れてみると、夕方なので、全部暗い。

明るさを調整、画像遊びをする。

娘が帰ってきて、

「いつも、来客くるといいね~。」

笑っている。

相方も同じことを、言っていた。

やっぱり、緊張感が足りないのかなあ!

反省する。

毎日、掃除やるけど、あちこちやる。

丁寧にやったら、午前中かかるもん!無理無理・・・・・・。(ρ_;)

整理整頓された部屋は、やっぱり気持ちいい!いつまで持続できるか!挑戦するかも?

2013年7月 2日 (火)

恒謡会例会  43回

先週の日曜日、発表会

仕舞する二人が(女性)が急用と怪我、仲間の一人が前日に入院と・・・・。

いろいろある。若くないということもあって。(苦笑)(クリック拡大)

0032曲の予定が吉野天人を追加、仲間と一緒。

嬉しいので、練習する。あっというまに終わる。

草子洗小町、大先輩の方々と・・・。

流石ベテラン、勉強させていただく。

センスの扱い方、そっと注意していただく。

3曲目が仲間3人の予定を、30代の女性が、朝、先生に言葉をかけられたという。

隣に座って謡ったり、聞かせていただいて、驚いた。練習をして臨んでる私が、時々音が外れている。その方は、練習もしないで、見事な謡ぶり。若さか?資質か?
なんとも、羨ましいが、目標にさせていただこう!と思う。

隣で謡曲を聴いた喜び、忘れられない。先生有難うございます。

PhotoPhoto_2

初めて、例会に、カメラを持ち込む。

不安と気恥ずかしさでいっぱい、1番奥に席を撮る。
、一眼レフで仕舞を撮らせていただこうと・・・。

4人の仕舞を写そうと意気込んで、臨んだ。始めはオタオタしてた。

2人目から、少し要領がわかり、愉しくなる。汗だくにもなる。(笑)

今回は、いろいろハプニングあり、流れに沿わせていただく。

学ぶことが多かった例会、写真を撮る機会となった例会、意義深い例会となる。

         「今日は終わりか、出発か」

という言葉があるが、出発にして、前進し、もっともっと、愉しめる様になりたい。

良き先輩たちが切り開いてくれた場所、感謝あるのみ、有難とうございます。(*´v゚*)ゞ

 

 

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ