« 同級会 | トップページ | 49回恒謡会例会 »

2015年7月 5日 (日)

能・狂言鑑賞

今日、仲間と白石の碧水園に出かける。3台の車で

Photo_3
Photo_4
Photo_6
初めて30代に習った土蜘蛛、この土蜘蛛のお蔭で、定年になって「、謡曲をやってみよう」
と思ったきっかけである。
はじめは宝生流、今は観世流、謡曲{土蜘蛛}は何度も習い、なんども、聞いた。
だけど、能ははじめて、鑑賞する。小島英明さんが優しく説明して下さり、笑いを誘っていた。
掛け声と笛、鼓 太鼓、、地謡が重なり響き、土蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をダイナミックに
打ち投げる様子がなんとも、艶めかしく、頼光と胡蝶のようにも思えた。
狂言は、野村萬斎の  {蚊相撲}
能楽堂いっぱいに響く、萬斎の声、後ろから子供の笑う声が聞こえ、反応が早いのに、
驚く。まことに、ばかばかしく、可笑しかった。
平泉の薪能、を見に行くといってる、仲間がいる。学んで少しでも楽しめたらなあと思う。

« 同級会 | トップページ | 49回恒謡会例会 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能・狂言鑑賞:

« 同級会 | トップページ | 49回恒謡会例会 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ