ニュース

2011年4月28日 (木)

ある記事をよんで

タイム誌100 福島南相馬市長&南三陸町医師選ばれる

Photo Photo_2

津波で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町の病院で、最後まで治療を続けた医師の菅野武さんは、南三陸町の志津川病院に勤めている。 津波で5階建ての病院の4階まで浸水し、140人ほどいた患者やスタッフの3分の2の行方が分からなくなるなかで、最後まで患者を治療し、地震から3日目に救助される。出産のために仙台市にいた妻の由紀恵さんと救助されたあと再会し、地震から6日目の16日、男の子が生まれる。

「死は意識していたが・・・後悔しないようにと。身元が判明するように結婚指輪をつけて、医療活動を続けた」とのこと。また「困難な状況に立ち向かう被災者、日本の代表として選ばれたのだと思う。」と謙虚に話している

米誌タイムは21日、2011年の「世界で最も影響力のある100人」を発表し、福島原発事故での政府の対応を動画投稿サイト「ユーチューブ

」で強く批判した福島県南相馬市の桜井勝延市長が含まれた。

100人は、タイムが毎年、政治家や科学者、芸術家、経済人などから独自に選出する。桜井市長は、オバマ米大統領とミシェル夫人や、ミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー

さんらとともに選ばれる。選出された南相馬市長は

「私は市の現状と市民の生の声を伝えただけであり、選ばれるべきは、南相馬市民だと考えます。」とコメント   素朴な方で昨年市長に選出されるまでは、農業を営んでいたという。大学時代は宮沢顕治を愛読していたとも・・

タイム誌は、世界のニュースを公平に報道し世界中の人々が認めてよく見ている誌だそうである。

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ