芸能・アイドル

2011年12月22日 (木)

アムステルダム  別府葉子さん

1960年代から70年代にかけてフランスで大活躍したベルギー出身の歌手ジャック・ブレル(Jacques Brel)が自ら作詞・作曲して1964年に発表した曲です。

 brel.jpg

 歌詞のイメージ訳をのせておきますね。

  アムステルダムの港
  けだるい暑さと 物憂さのなか
  金貨一枚で買われた女と
  酒と 血と 生魚のにおいにまみれた男たちが
  大声で笑い ののしり 踊り狂っている
  そして、調子っぱずれのアコルディオンが止むと
  星空をあおいで 女たちに乾杯するのだ
  アムステルダムの港では

家事を済ませ、ほっとしたところにこの曲が流れてきた。歌詞などさっぱり解らないが、心に響き、鉛筆とメモ書きを用意して、聴いた。 血が騒ぐ、素晴らしい!

で直パソコンで調べる。何語かわからないけど、曲と言語がピッタリ(笑)

一応歌詞も調べました。良かったら、楽しんでください。

2010年8月20日 (金)

テレビをみて

  Photo  NHKの「プロフィショナル市川海老蔵スペシャル」を見る。特に好みではなかった。

   なぜか見たいと思ったのだ。素晴らしい歌舞伎役者であることを、知り感動した。   

  「 困難な時こそ攻める 全てを信じる覚悟 昨日の自分をこえる事を継続し続ける」 

  と言い切る海老蔵に拍手 upwardright  亀治郎と 海老蔵の舞台を是が非でもみるぞnotenote 

  Photo_3         

                                                                                                          Photo_2

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ