趣味

2015年8月 7日 (金)

プール

毎日、うだるような暑さが、続いている。

暇をみつけ、プールに出かけているが、7月18日夏休み時間帯で、9時30分から、始る。
いつものように、25mクロールで泳ぎ、背泳ぎで帰ってくる。
顔馴染の先輩に、「25mで休んでもいいから、続けて泳いでみたら」と声をかけられる。
クロール25m×10  背泳ぎ25m×10  
19日、も  20日
バタ足25m×10   クロール25m×20    背泳ぎ25m×10
1000mやったあ! 休み休みだけど嬉しいものだ。
さすが、次の日はプールにいけず、謡曲の練習を終えると、買い物をし家でクーラーをつけ、
ウトウト・・・・。
22日、23日も1時間プールで遊ぶ。
25日  クロール25m×10 背泳ぎ25m×10を交互に2回、1000m泳ぎました。
勿論25mで一休みしてからですが、少しづつ一休みが短くなっているような気もしています。
27、29、30、31   8月1、5、6、7
クロール25m×10 背泳ぎ25m×10を交互に2回、1000m
やっと、楽しくなり、ホッとしている。
Gif
いつの日かこんなふうに泳げると、いいなあ!

2015年7月 7日 (火)

49回恒謡会例会

先月6月28日(日)出席多い、嬉しい定例会になる。(80パーセント)

Photo
1曲だけ、休ませていただいたが、残り全部地謡を謡う。
やっと、皆さんについていけるようになる。嬉しい!
Photo_2 Photo_3
玄関を入ると、既に準備が整い、予定表の出番の変更の知らせを受ける。
後ろから、2番だったが、前から3番に変更。ラッキー!
Photo_4 Photo_5
30代が2人いらっしゃるが、若いひとは、やっぱり、上達が早い。
上手で、吃驚する。ほんと楽しみである。
自分なりに、努力するほかないなと呟く。
先輩のように、いつか謡いたいものである。

2015年7月 5日 (日)

能・狂言鑑賞

今日、仲間と白石の碧水園に出かける。3台の車で

Photo_3
Photo_4
Photo_6
初めて30代に習った土蜘蛛、この土蜘蛛のお蔭で、定年になって「、謡曲をやってみよう」
と思ったきっかけである。
はじめは宝生流、今は観世流、謡曲{土蜘蛛}は何度も習い、なんども、聞いた。
だけど、能ははじめて、鑑賞する。小島英明さんが優しく説明して下さり、笑いを誘っていた。
掛け声と笛、鼓 太鼓、、地謡が重なり響き、土蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をダイナミックに
打ち投げる様子がなんとも、艶めかしく、頼光と胡蝶のようにも思えた。
狂言は、野村萬斎の  {蚊相撲}
能楽堂いっぱいに響く、萬斎の声、後ろから子供の笑う声が聞こえ、反応が早いのに、
驚く。まことに、ばかばかしく、可笑しかった。
平泉の薪能、を見に行くといってる、仲間がいる。学んで少しでも楽しめたらなあと思う。

2015年4月23日 (木)

県北観世会

Photo_2  日曜日(26日)

春季大会が催され、参加する。
久しぶりです。
2番目の出番、ドキドキしたが、一声謡い始め
ると、平常心がもどる。
仲間に支えられ、無事、謡い終わる。
やっと、緊張感から、解放される。ほっとする。
最後に謡った山姥
驚くほど上手で、引き込まれてしまう。
まだまだ習えない難しい曲のようだが、
いつか、あんなふうに、謡えるようになりたい
ものだと、思う。
カメラ忘れて残念です。
Photo_3

息吹の会 能 狂言公演

Scn_0001

Scn_0002
Sany0067
15名で能を鑑賞する、
若い息吹の会9人の方がたの尽力により、
観世清和 (26世観世宗家)はじめ、番組表の方がたです。
プロの所作と技に、皆で興奮!
仕舞は爽快な謡にキレのいいきびきびした動きや しっとりとした優雅さ、見ごたえがあるんですね~。
能 小鍛冶
後半 素早く、激しく打つ小鼓、大鼓、太鼓のリズム、高音域を奏でる笛の音にのって、演者の技と切れが息を呑むばかり
、魂が揺さぶられる心地、至福の時間でした。
有難うございました。 感謝で^~す。

2015年3月 1日 (日)

プール

いそいそと今日もプールへ 10時45分~12時まで、(休憩5+5)

悠々泳げる時間は11時30~12時まで、(混んでいる)

Photo

、1列、2列だけ注意し、ハイエルボを意識して泳ぐ

ハイエルボーの手の動き

プッシュが終わったとき手のひらは上(天井の方)を向いています。
 
この状態から肘を釣り上げるような感じで手を水中より抜きます。この
 
時、手首の力は抜いておくのがポイントです。

Photo

肘を出来るだけ高い位置に保ちながら腕を回転させます。この
 
時、手首は肘の高さより低い位置にあります。また、肘より後ろに手首
 
があります。

Photo_2

肘が頭の上にきたときに、手首を振るような感じで肘よりも手首を前
 
に持ってきます。この時も手首の高さは肘よりも低く保ちます。

Photo_3

 
 ここからは、手首が先行し、出来るだけ遠く(頭より遠い位置)に
 
手首を持っていきます。

Photo_4

 までの動きを止まることなくおこないます。手のひらはできるだ
 
け外側を向いているようにします。手のひらを外側に向ければどうしても
 
肩から動かさないとこの動作はできません。それでいいのです。肩を使
 
って泳ぐことが基本です。

息継ぎも、時折うまくいくこともあるが、まだまだである。

2月も随分通いました。プール教室4日、練習14日(疲れて30分の日4日)

練習は40分~50分 その時の体調で、時間は決めます。無理はしません!

今日から3月、春の気配も、感じられます。少しずつ上達しよう!


  

 

 


 
 
 
 


 
 
 

 

2015年2月28日 (土)

プール

昨日、水泳教室7回、バタフライの練習をする。

疲れると、腰が痛くなるので、バタフライの練習をしていいものか、伺う。

「大丈夫ですよ。でも一人では練習をしないでくださいね」笑顔で言って下さる。

教えられるとおりに、頑張るも、少しも先生のような、フォームには、ならない。

笑いながら、質問しながら、1時間30分が過ぎる。楽しかった~。

今日、プールに行く。

Photo_2けのびと伏し浮き、はじめに練習する。

Photo_3Photo_4


前から比べたら、楽になったが、ターンして直ぐ戻ってこれない。

多分正しい息継ぎをしてないのだと思う。

Photo_5Photo_6


とにかく、楽しいが、体力もなし。肩甲骨はなかなか動かない、足は撓らない、骨盤は緩まないなど・・・・・・・・・。

長い時間かけて、可動域をひろげるように、ストレッチしようと思う。

 「昨日の夢は、今日の希望、明日の現実となる」   と信じて




2015年2月16日 (月)

恒謡会定例会(48回)

15日日曜日、雪が積もっている。冷たい風も吹き、寒い。

電車に乗って、先生のお宅へ、既に仲間のお二人が、雪掻きや、舞台など、準備を調いて終えている。いつも、感謝している。

Photo_2
日頃の練習では、なかなか一人では謡えない。少しずつ、練習する。

先輩たちは、味のある個性的な声で謡っている。調子にメリハリがある。

少しでも、習おうと思い、初めから、終わりまで、謡い続けた。(笑)

Photo_3 Photo_5

練習はおまり好きではないが、皆と謡う地謡は大好きだし、気持ちいい。

至福のひと時となる。これからも、楽しみたいものである。





2014年11月28日 (金)

プール

暖かな日差しに包まれた今日の昼過ぎプールへ

いつも20m位の場所で呼吸が苦しくなる。25m泳ぐと息が荒くなる。
「慣れしかない」と思っていたが、どこか原因があるんだなと・・・・・・。
多分息継ぎかも?
頭を上に挙げるのではなく、体を40度回して首を60度回せば、口は水面に出ます。
逆に頭を沈める意識で呼吸してください。
このことを、意識して練習する。口に水が入ったり、タイミングが合わなかったり、する。
1度だけ、上手くできた。上手くできたときは、息も苦しくなく、疲れなかった。
やった!と思ってすぐ引き返したが、水が口に・・・・。
ぱっと吐き出すと先輩に教えられたが、吐き出す余裕はなかった。
顔を水面に出る時間を短くする
顔を上げる高さを、出来るだけ低くする。
このことを意識して、練習したいと思う。
P1030034
ひいらぎの花から、パワーをいただいた。

2014年11月26日 (水)

プール

冷たい雨が降り、寒い日となる。

雨は、あの時を思いだすが、気をつけて、車に乗る。
殴りつけるような烈しい雨、空はどんより、うす暗い。
桜並木は既に裸木、逞しさ、シンプルな美しさ、自然の奥深さを感じる。
プールにつく。
雨のせいか、程よい混み具合、お馴染さんの顔も数名、確認する。
バタ足の練習を3回、背浮の練習を3回、クロールを3回、背泳ぎを3回
50×12   前後少し歩き、50分。
足首が固いこと、近ごろ気づき、お風呂で2回ほど丁寧にストレッチ、
いつまで、つづくか、わからないが、人並みの柔らかさになれるといいなあ!
20141120
軒先に咲いている
寒椿
ツワブキの花

より以前の記事一覧

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ